雨谷の日和

過去12年で1,600を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

長い文を最後に置く

長い文を最後に置くと、その文の印象はほとんど無いのと同じになる。
前の短い文の印象の強さに掻き消されるからだ。

例文7)


私は森に着いた。
木々の緑が眩しい。
そんな中を時折吹き抜けていく風は穏やかな温かさを多分に含み、それは木々の枝葉を優しく撫で付けると、耳に心地よい音を立て昇らせて森全体をにこやかに揺り動かした。