雨谷の日和

過去12年で1,600を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

印象の強い文を書くには

これまで「短い文」と「長い文」という分かりやすい基準でその使い方のバリエーションを見てきた。
しかし、実際には長い短いよりも、文の印象の「強い」「弱い」のコントロールの方が重要だと私は思っている。
短い文・長い文というのは、印象の強弱の一つの要因に過ぎない。
では、印象の強い文を書くにはどうすればいいのだろうか。
これは最初にも書いたが「意味が通じる最低限の長さ」、これを心がけるしかないと思う。
結局、突き詰めると「短い文」となってしまうわけである。
印象のメリハリについて、まずはそこが出発点となる。
短い文は、作文の基本と考えて良い。