読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨谷の日和

過去11年で1,500を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

印象の弱い文を書くには

ボヤキ - 文章

では、印象の弱い文を書くにはどうすればいいのだろうか。
印象の強い文の逆を考えるなら「意味が通じないように」書けば良さそうだ。
無駄に長くしても良いし、意味を捉え難い書き方を心がけても良いだろう。
そう考えると、今までは印象の弱い文として長い文だけを取り上げてきたが、様々なバリエーションがありそうである。
印象のメリハリのためには、短い文だけでなく印象の弱い文にも気を配る必要がある。
短い文が作文の基本なら、印象の弱い文は作文の応用と言って良い。