雨谷の日和

過去12年で1,600を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

ひらがなばかりの文

ということで今後は、文の印象を弱める手法をつらつらと挙げていこうと思う。
まずは、ひらがなばかりの文を見てみよう。

例文9)


わたしはもりについた。
きぎのみどりがまぶしい。
かぜではおとがゆれる。

ひらがなばかりの文は、意味の把握にやや時間が掛かる。
その分、読み辛いと言ってよいと思う。
よって、ひらがなばかりの文は印象が弱い。