読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨谷の日和

過去12年で1,600を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

印象を弱める手法の分類

ここまで「ひらがなばかりの文」「カタカナの多い文」「不必要に漢字の多い文」「アルファベットの多い文」の4つを同じような手法(印象を弱めるための方法)として見てきたが、よくよく考えてみるとこれらは二種類に分類できるのではないかと思うようになった。
一つ目は「意味の通じ難い単語を用いる」という手法で、「カタカナの多い文」「アルファベットの多い文」がこれに該当する。
もう一つは「文の意味区切りを曖昧にする」という手法で、「ひらがなばかりの文」がそれに該当する。
「不必要に漢字の多い文」は、そのいずれもに適用可能な気がするが、どちらかと言えば一つ目になるだろうか。
あと「句点も読点も無い文」は二つ目、「方言での文」は一つ目に分類できるような気がする。
表にまとめると、以下のようになるだろう。

分類手法
意味の通じ難い単語を用いるカタカナの多い文
アルファベットの多い文
不必要に漢字の多い文
方言での文
文の意味区切りを曖昧にするひらがなばかりの文
句点も読点も無い文
今後は、上記の分類を念頭に置きながら、他にもそうした手法が無いかを考えてみたい。