雨谷の日和

過去12年で1,600を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

再帰のループ展開その8

昨日までの置換で、ほぼ再帰の展開は終わっている。
ただ、一時変数のvalue が残っているので、これを消去しよう。
value の使われているのは以下の部分。

    long value = 0;
    if(i[d - 1] % 2 == 0){
      value += (array[d - 1][i[d - 1] * d] * return_value[d - 2]);
    }else{
      value -= (array[d - 1][i[d - 1] * d] * return_value[d - 2]);
    }
    return_value[d - 1] = value;

value という変数でやっていることは結局、各呼び出し内の結果の保持である。
ということは、これはreturn_value[d - 1] で置き換えられることになる。

long[ ][ ] array = new long[dim][ ];
long[ ] return_value = new long[dim];
int[ ] i = new int[dim];
int d = dim;
int flg = 0;
do {
  if(d < 2){
    return_value[d - 1] = array[d - 1][0];
    d++;
    flg = 1;
  }else{
    if(flg == 0){
      if(i[d - 1] == 0){
        array[d - 2] = new long[(d - 1) * (d - 1)];
        return_value[d - 1] = 0;
      }
      if(i[d - 1] < d){
        int l = 0;
        for(int j = 0; j < d; ++j){
          if(j != i[d - 1]){
          for(int k = 1; k < d; ++k)array[d - 2][(l * (d - 1)) + k - 1] = array[d - 1][(j * d) + k];
            ++l;
          }
        }
        d--;
        i[d - 1] = 0;
      }
    }else{
      if(i[d - 1] < d){
        if(i[d - 1] % 2 == 0){
          return_value[d - 1] += (array[d - 1][i[d - 1] * d] * return_value[d - 2]);
        }else{
          return_value[d - 1] -= (array[d - 1][i[d - 1] * d] * return_value[d - 2]);
        }
        i[d - 1]++;
        flg = 0;
      }
      if(i[d - 1] == d){
        d++;
        flg = 1;
      }
    }
  }
}while(d <= dim);

ちなみに、三つ目の部分は以下のようになったため、消える。

    return_value[d - 1] = return_value[d - 1];

今日はここまで。