雨谷の日和

過去12年で1,600を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

人狼BBS作成日記2

次にフェーズの仕様について。
人狼BBSの進み方は、基本的に以下のようになっています。


昼間の村民会議→夕方、処刑対象選択のための村民投票→投票で1位になった人物を処刑→夜が来、人狼のみが仲間同士で会話→人狼および各能力者の能力発動→朝、能力発動結果確定→昼間の村民会議


仮想時間制の場合、上記の流れがそのまま実行されます。
一方の定時更新制の場合には二種類の考え方があります。


1、昼フェーズと夜フェーズを踏襲


この場合、仮想時間制の場合と同じような進行が可能です。ただし、システム的に昼フェーズの更新と夜フェーズの更新の2つを管理する必要がでてきます。また、例えば昼フェーズに24時間、夜フェーズにも24時間を割り当てた場合、仮想時間の1日に対応するプレイ時間が2日になるというような欠点もあります。かといって、昼18時間、夜6時間といった割合にすると、リアル時間の都合で夜フェーズに参加できないといったプレイヤーも出て来ることが考えられます。


2、昼フェーズと夜フェーズを区別することを止める


1の方法の欠点を克服するために、昼と夜を区別しないような仕組みにすることが考えられます。
そうすれば、仮想時間1日に対して更新が1日に1回というすっきりとした構成に出来ます。
ただし、この方法の場合、本来夜フェーズで行われていた人狼の会話、能力者の能力発動といったものをどのように取り扱うかが問題となります。また、昼フェーズと夜フェーズと分かれていた場合には、夕方の投票結果を見て人狼と能力者が行動できたのに対し、独立した夜フェーズの無い仕組みの場合には、昼フェーズの間に処刑投票の結果が未確定な状況で何らかの決断を下す必要がでてきます。


本来のゲーム性を重視するのであれば1の方法が望ましいのですが、実際のゲーム進行に少々の難点を抱えることが予想されます。2の方法はもともとのゲーム性やバランスを変えてしまう可能性を持っているため、ルール変更の十分な検討が必要となります。
私の場合、多少のゲーム性の変更も視野に入れることを考えていますので、意欲的に2の方法で行きたいと思っています。