雨谷の日和

過去12年で1,600を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

人狼BBS作成日記9

さて、メッセージの種類を考えてみると、一つ問題に気づきました。
例えば、参加中の人が妖精モードでログインできてしまうと、そこから天界に解脱して、すべてを知ってしまうということが出来ますね。
いやもちろん、そんなことをわざわざする人がいるとは思えないんですが、システムの操作上の問題で、間違って妖精モードに入ってしまうケースというのは考慮しておかないといけないかなぁと。
ということで、どうやらこの仕組みを作る上で、ログインのためのアカウント管理のことも考えておかないといけないような気がしてきました。
参加者のIDでは、妖精モードには入れないという要件が必要ということです。
ついでだから、同じIDで複数の村を同時にプレイすることもシステム的に制限する方向で考えてみようかな。
うーん、しかしそうすると、村データの中のプレイヤーリストとは別に、ログインアカウント管理のためのデータファイルを用意するってことになるのか。認証とか、どうしよう。パスワードは暗号化しないと不味いだろうなぁ。
ていうか、アカウントを管理するんなら、管理者用の管理画面もいるじゃん。うわ。なんか面倒になってきた。
そこまでくると、2アカウント対策とかもやって当然とかそういう話になりそうだなぁ。うーん。


とりあえず、がんばります。