雨谷の日和

過去12年で1,600を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

ルナマリア様危機一髪

今日のG種デス(←ガンダムシードデスティニーの略)は見ていてちょっと焦った。
そもそもこのアニメの監督はこの時期に主要キャラを虐殺するというスケジュールを立てる人のようで、前作でもここら辺でばんばん人死にが出てはらはらしたものなんですが、今年もまたばんばん殺すのでドキドキですよ。
今日は敵の青ガンダムを一匹落とした(パイロット死亡)だけでは飽き足らなかったのか、オーブ軍の空母を意味不明に沈めてみたり、白ザク大破、アスラン機も大破、敵緑ガンダムも大破と大盤振る舞い。主役級戦艦ミネルバも恐らく大破。出港したばかりだったのに、このあとの展開をどうするつもりなのか全く意図が分からないです。
ソレよりも何よりも、我らがルナマリア様騎乗の御赤ザク殿が大破、一瞬「ルナマリア様も御戦死ですか監督ぅっ」と青ざめましたが、生きていらっしゃいましたので国民一同が胸をほっと撫で下ろした事は言うまでもありません。
えーと、無事だった機体は主人公のインパルスガンダムと前作主人公のフリーダムガンダム、我が侭カガリンのピンクガンダムだけかな?他のは全滅?
ちなみにこのアニメ、乗っている機体の性能よりもパイロットの腕の方が優先パラメータになってまして、強いパイロットは雑魚機体に乗っていてもやっぱり強いということになっています。そして、パイロットの強さはその物語における重要度の順になってますから、前作と今回作の主人公二人がそれぞれ無事だったのは運命というわけです。カガリンはおまけなのでこの強さの順列からは除外。


そういえば、書き忘れてましたが今期からケロロのエンディングは小川直也が歌ってますね。「侵略者〜」とかあの人が歌っているのかと思うとぷっぷげらげらですが、前期はオープニングを角田(総合格闘ルールで曙にガチンコで負けた世界で唯一人の男)が歌っていたことを考えると順当という感じもします。あっちのスタッフも何を考えているのか今ひとつ意味不明ですが、面白いので無問題。


それはともかく今週は、ぽじてぃぶファイターズを見逃さないようにせねば。