雨谷の日和

過去12年で1,600を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

今期メモ2

うは、マジレンジャー神シナリオ。兄貴メインの回は毎回面白いけど、今回はまた素晴らし過ぎる。
マジシャイン出現による兄貴(マジグリーン)の長男としての自信喪失、それを密かに見て取ったマジシャインによる強化合宿、そこで「自分力」とかいうものの高さに気づかされる兄貴。そして新魔法獲得。
ここまではお約束通りとかいう奴ですが、そのゲットした新魔法の効果がトンデモなかった。マジマッチョ。キモ過ぎ。夫婦で見てて、朝ごはん噴きそうになった。


エウレカセブンは総集編だった。つまらん。


ガンダムシードデスティニーはストライクフリーダムの登場、逆襲のシャアのニューガンダムに近いコンセプトの機体。戦艦3隻、モビルスーツ30機を10分程度の戦闘で沈める大殺戮。ははは。そんなだから現実感が無いんだよこの番組は。
ちなみに主人公の機体デスティニーはF91のガンダムと、Gガンダムを足して二で割ったような機体。
オリジナリティを期待してはいかんとか思いつつ、なんとなく物寂しい。


なんでハチミツとクローバーは時々録画ミスるかなぁ。まあ、漫画全巻買ったから脳内補完するので問題無いんですけど。ハチクロは原作が面白いんですね。それがうまいことアニメになっている感じ。ギャグの間とか、人物の勢いとか、心情のゆらぎとか、完璧とも言える仕事振り。すばらしい。


ところで、スターウォーズのエピソード3の公開に合わせて、エピソード1、2、4、5、6をテレビ放映してくれたので、夫婦で一気に見ました。驚くべきことに、妻の人は全くの未見だった模様。私もエピソード5は何故か見てなかった模様。ある程度の知識を持って見ていた私と違って、妻の人はアナキンとルークがごっちゃになったらしく混乱気味。オビワンとヨーダとジャバ様で時代を確認しだしたりとか。
しかしこうして改めて見てみると、シナリオの甘さが気になる。ぬるい。ルークとか、当時のアメリカの農村部の若者の思考回路だし、ハンソロは都市の若者の思考回路って感じ。ロボットのコンビはアメリカンジョークの具現者で、ジェダイは仏教僧って感じのイメージなんだろうなぁ。仏教とはいっても、色々と混じり込んでいるような気もしますけれども。
まあ、いいか。4、5、6は古い映画だしなぁー。