雨谷の日和

過去12年で1,600を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2012年07月期終了時感想

だんだんと秋めいて来ましたね。
では、アニメの感想です。

[2012年07月期](終了時)
01.→ 宇宙兄弟
02.→ ソードアート・オンライン
03.→ TARI TARI
04.→ へうげもの
05.→ 人類は衰退しました
06.→ アクセル・ワールド
07.↑ 氷菓
08.↑ ココロコネクト
09.↑ 黒子のバスケ
10.↓ 夏雪ランデブー
11.↑ 境界線上のホライゾンII
12.↓ もやしもん リターンズ
13.→ 輪廻のラグランジェ season2
14.↑ じょしらく
15.↑ エウレカセブンAO



宇宙兄弟、いよいよ最終面接ということで。相変わらず安定しています。もうちょっとテンポが早ければなぁ。
ソードアートオンライン、結婚しちゃいましたね。ネトゲ内なのに。しかも子どもまで作るだなんてっ。フケツッ!それにしても他人から渡されたアイテムを不用意に口にするなんて信じられない。アリエナイ。まずは鑑定してからでしょ。あと、血盟騎士団のギルマスはチーターじゃねぇかよ。ラスボスなんじゃないか?
TARI TARI、こじんまりと終わりましたね。何となく、等身大のキャラクターたちが頑張った姿が印象に残りました。楽しい作品でした。
へうげもの、利休さんが怪物じみてきましたよ。主人公は相変わらず顔芸MAXで良いです。
人類は衰退、時系列が原作とは変えてあったのでちょっと分かりにくい部分もありましたね。ですが全体を通してブラックでゆるい、不思議な印象の作品でした。
アクセルワールド、ノウミさんぶっ潰してフィニッシュだっぜ。沖縄から馬で走ってくる先輩半端ないっす。アフォすぎる。まだ続きができそうですね。
氷菓、だんだん推理とかどうでも良くて、日常描写の細やかさがメインになっていた印象です。丁寧に描いている割に、人間が描けていないという不思議な作品。主人公はもちろん、エルさんも友人くんもオタ女も何というか空虚でした。思いが上滑りしているというか。それを狙っているのなら別にいいんですが。
ココロコネクト、今度はランダムに幼女とか少年になるよ!過去と向き合おう、ってお話のようです。いちいち強制的に啓発させられる5人組。話は割り切りやすいですけど展開が安直になりがちですね、この仕掛けは。
黒子のバスケ、主人公とカガミくんがモブ化しとるがな。キセキの世代同士の対決が一番盛り上がるってのはどうなんだよ。お話でも主人公はステルスモードか。二期を是非。
夏雪ランデブー、幽霊が身体を乗っ取って元奥様とイチャイチャするよ。肉体を持つと妙にヘンテコな幽霊さんでした。変な奴。まあ、最後はみんなハッピーになったようで、良かったです。
ホライゾン、ごちゃごちゃ色々バトルするのは見ていて楽しいですね。相変わらず戦いの理由とか、背景事情とか、勝敗のあり方とかさっぱり分かりませんが。
もやしもん、はい、おわりましたー。イベントの消化感がハンパない。かも。
グランジェ、こちらも定型イベントをテキトーにこなして終わり、と。ラスボスが小物でいまいち。ユリカノのところが一番盛り上がったなぁ。そのあとは蛇足かも。
じょしらく、小ネタで押してきますね。
エウレカ、なんだかもうよくわからない。返せ〜俺の時間を〜。


さて、10月の新作も楽しみですね。