雨谷の日和

過去12年で1,600を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2012年10月期終了時感想

気付いたらもう年末でした。最近寒くて堪えます。
さて、アニメの感想です。

[2012年10月期](終了時)
01.→ PSYCHO-PASS サイコパス
02.→ バクマン 第3期
03.→ となりの怪物くん
04.→ リトルバスターズ
05.→ 宇宙兄弟
06.→ ソードアート・オンライン
07.→ へうげもの
08.→ 神様はじめました
09.→ ガールズ&パンツァー
10.→ イクシオン サーガ DT
11.↑ 中二病でも恋がしたい!
12.↓ ロボティクス・ノーツ
13.→ めだかボックス アブノーマル
14.→ 新世界より
15.→ BTOOOM!



サイコパス、敵役が出て来ましたね。機械で判定した人物を予防的に措置するという世界だと、当然こういうバグもあるわけで、実際にはそういうバグがあっても運用上は問題ないようなリカバリの仕組みを持っておくとは思いますが、そこはそれ、フィクションですし。機械人間の方はあっさり犯罪者認定してましたが、そこは笑どころですかね?
バクマン、50人委員会あっさり崩壊。何だったんでしょう。主人公たちの成長要素もなかったですし。どっちかというと、若手のメガネ編集者にフォーカスしたエピソードだったんですかね?
となりの怪物くん、いやはや、主人公カップルは微妙な距離感でずーっとイチャイチャイチャイチャ。横恋慕にも気付かないからお話が動かなかったですねー。むしろ周辺事情を楽しむ会に?二期は原作ストック次第でしょうか。
リトルバスターズ、一人一人のエピソードはいちいち暗いですね。安定のダウン系。合間の小ネタは楽しいです。全体の筋立ての仕掛けが楽しみです。
宇宙兄弟、12月を丸々合格発表に使っちゃいましたよ?エンドレスエイトも真っ青の進行速度。
ソードアートオンライン、大団円でしたね。敵が卑劣でしょうもなくて器ちっさいので肩透かしでしたが、まあ、ヒースクリフの偉大さが際立つので良いです。オベイロンさんマジ小物で笑えない。本作のテーマは、バーチャル世界での体験が、人間の有り様をどのように変えて行くのか、その先にあるさらなる可能性とは?というところだったでしょうか。人間ドラマ中心で、そこを描くための世界観ということで、ご都合主義的な部分はありましたが、楽しかったです。二期はあるんでしょうかね?
へうげもの、なぜか追い込みかけられていく利休さん。数寄の縁は紡がれていき、やがてこの国に根付くであろう、てことなのかな?
神様はじめました、主人公が恋愛を持て余してもじもじするよっ。まだまだぜんぜんエピソードの途中っぽいんですが、二期とかどうするんでしょうね。
ガールズ&パンツァー、なんていいところで終わっちまうんだーっ!制作進行のミスなのかーっ。3月とかに続きをやるとかいう話みたいなので、それまで楽しみはとっておくことにします。
イクシオンサーガ、主人公が死んで年明けからはED様が主人公に!?ほんとネタが酷いなこのアニメ。←褒めてます。
中二病、ヒロインが恋愛感情に任せて中二病を卒業するよっ、って、それはちょっとどうなのか。作画とか演出は良かったですねー。
ロボティクスノーツ、色々とネタ詰め込み過ぎじゃね?話始まって無くね?
めだかボックス、アブノーマル編終了ということで。更なる敵が現れた!ってことで、三期もやるのでしょうか…。
新世界より、原作の雰囲気は良さそうなんですが、アニメの低予算さが目についちゃいますね。
BTOOOM、ぜんぜん途中で終わっちゃってるじゃないですかー。ヤダー。


こんな感じでした。