読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨谷の日和

過去12年で1,600を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2014年01月期中間時感想

大雪の当たり年でしたね…。皆様はご無事だったでしたでしょうか。
そして春はもうすぐそこに。いるはず。
それはともかく、アニメの感想です。

[2014年01月期](中間時)
01.→ キルラキル
02.→ ニセコイ
03.→ 黒子のバスケ 第2期
04.→ ガンダムビルドファイターズ
05.→ 弱虫ペダル
06.→ 咲-Saki- 全国編
07.→ 世界征服〜謀略のズヴィズダー〜
08.→ 仮面ライダー鎧武
09.→ 凪のあすから
10.→ ノラガミ
11.↑ のうりん
12.↓ ディーふらぐ!
13.↓ 中二病でも恋がしたい!戀
14.↓ サムライフラメンコ
15.→ 宇宙兄弟
16.↑ とある飛空士への恋歌
17.→ いなり、こんこん、恋いろは。
18.↓ ノブナガ・ザ・フール



キルラキル、終盤に来て色々と過去の経緯と真実が明かされる、そして真の敵に向かって一丸となっていく、主人公とサツキ様がここからどう立ち上がっていくのか、実に先が気になります。やっぱり最後は宇宙へ行くのかな。
ニセコイ、王道的ラブコメなんだが、チトゲさんがちょっと出遅れ感でもったいないか。いちいち画面の作り方がセクシーで困る。女の子かわいくて困る。
黒子のバスケ、アオミネっち戦は熱かったですね。黒子さんの弱点とか、このときから全開なんですねぇ。雰囲気としてはこのウィンターカップさえ勝てばいい、ってな勢いですが、その後の展開はまあ、世界戦とかなのかな。
ガンダムBF、トーナメント戦になってから、それぞれの勝敗に掛ける想い同士の戦いになってますね。想いの軽い者から抜けていく。それにしても会長陣営の悪巧みがどういうものなのかで、このお話の最終評価が決まる気もします。ていうか、レイジさんの異世界人設定はいったいどうなってしまったのか。
弱虫ペダル、主人公、意外性の人扱い。この話、努力が報われる系の話じゃないんですよね。ひたすら主人公が天才で、前向きで、諦めないだけという。まあ、面白いんですけど。
咲、センパイ二人の戦いでも魅せますね。主人公がこんなに目立たないなんてまるでアッカリーン。
ズヴィズダー、世界征服とか、どうでも良くなってきました。ドタバタコメディを見ているだけで結構和む。
仮面ライダー鎧武、シナリオが地味に積み上げてきますね。ていうか、まだ半年あるんだけどこの先どうなってしまうのか。それとも、途中で打ち切りなのかなもしかして。最終回近くの雰囲気がばんばんするんですけど。
凪のあすから、ヤベェ!奴が目を覚ましやがった!
ノラガミ、ヤトさんマガツカミだそうで。話がぜんぜん進まないのは原作通りなんでしょうか。
のうりん、コメディとして普通に楽しいです。
ディーふらぐ、コメディとして普通に楽しいです。
中二病、ほんとにもう、壁がいくつあっても足りないぜ。二期やる意味あるのかこれ。ファンディスクみたいな位置づけか?
サムライフラメンコ、おっと総理も実は、的な展開が。これがラスボス、なのかな。フラメンコに実は壮大な伏線が?
宇宙兄弟、いわくつきのメンバが集められてジョーカーズとか、普通に楽しい展開でした。ムッタさんはどっちかってとエリートっすけどね。
とある飛空士、こういう仮面恋愛系のお話は大好物なんですけども、なんだろうな。煮え切らんね。
いなりこんこん、いなりたちのガールズトークよりも神様の恋愛模様の方が楽しいというなんなのだこれは的な。ウカさまかわいいよウカさま。
ノブナガ・ザ・フール、ちょっとシナリオが迷走気味かな。


こんな感じで。
トッキュウジャーは楽しそうだったんですけど、視聴時間枠が厳しいのでパスで。子どもたちがどうせ見るし、その横でちらちら見てようかと。