読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨谷の日和

過去12年で1,600を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2017年01月期終了時感想

年度末ですね。春めいて来たと思えば突然寒くなったりと体調には気をつけないといけない今日この頃。

それはともかく、アニメの感想です。

[2017年01月期](終了時)

01.→ リトルウィッチアカデミア TVシリーズ
02.→ 3月のライオン
03.→ 弱虫ペダル NEW GENERATION (第3期)
04.↑ この素晴らしい世界に祝福を! 2
05.↑ 亜人(デミ)ちゃんは語りたい
06.↑ 小林さんちのメイドラゴン
07.↑ テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 第2期
08.↓ 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期
09.↓ 幼女戦記
10.↓ 昭和元禄落語心中~助六再び篇~(第2期)
11.→ 青の祓魔師 京都不浄王編
12.↑ うらら迷路帖
13.↓ 南鎌倉高校女子自転車部
14.↑ 信長の忍び
15.↑ One Room
16.↑ クズの本懐
17.↑ AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-
18.↓ 政宗くんのリベンジ

TVアニメ「リトルウィッチアカデミア」VOL.2 Blu-ray (初回生産限定版) 3月のライオン 2(完全生産限定版) [Blu-ray] 弱虫ペダル NEW GENERATION Vol.2(スペシャルイベント「ツール・ド・ヨワペダ2017」優先販売申込券付き) (初回生産限定版) [DVD]

リトルウィッチアカデミア、シャリオさんの過去に何かがあったっぽいというか、なんとなく色々とこの世界には秘密がありそうな雰囲気ですね。恋愛模様とかも微妙に絡めてくる筋立ては絶妙です。あと、ご機嫌で前向きな時のアッコ氏はその仕草の細やかさもあって可愛いいんですよねー。スージィもダイアナも可愛いですけどね。後半戦、いよいよ物語も動き出すのでしょうか。

3月のライオン、第一期は獅子王戦までということで。第二期は秋からということで今から楽しみです。まあ、この辺から原作は暗い雰囲気になるんですけど、その辺りをどう演出してくるのかも含めて見所かなぁと。

弱虫ペダル、新人含めてのチーム構成確定ですか。そして一気に合宿へ。まあ今更ロードバイクの入門編的なエピソード入れても冗長なだけですしインターハイまで一気に飛んでく感じでしょうか。それにしても杉元氏の熱い噛ませっぷりには痺れました。六人目の数合わせ的な展開を演出するためとはいえ、過酷な役回りでした。

この素晴らしい世界、大団円でした。(笑)。自分とこの信者にマジディスられるアクア様、半端ない。アクシズ教徒の凄さにも感服でした。まだ原作エピソードは外伝系含めてストック充分らしいので、第三期があることを祈っています。待ってます。

亜人ちゃん、いやー、本当にいい作品でした。原作ストックないらしいので、第二期は何年後になるやら……。まあ、無理だろうなぁ。それにしても高橋先生の聖人っぷりは今期の三大聖人の一角を為しますね。ただ先生の場合、微妙に煩悩が見え隠れするところがまたチャーミングでメインヒロインの座を確固たるものにした感じがあります。あ、もちろんバンパイア、デュラハン、雪女、サキュバスなどサブヒロインたちも魅力的で可愛かったです。

小林さんちのメイドラゴン、こちらも三大聖人の一人小林さんを擁するまったり作品でした。周囲を固めるチョロごんずも魅力的で実に良かったです。地味っぽい仕上げの画面も細やかに丁寧で居心地の良い作品でした。

この素晴らしい世界に祝福を! 2第3巻限定版 [Blu-ray] 亜人ちゃんは語りたい 1(完全生産限定版) [Blu-ray] 小林さんちのメイドラゴン 2 [Blu-ray]

テイルズ、うわー、そこで一旦切りますかーっ。続きの最終回は1ヶ月後とかいう。結末をお預けされるの苦手なんですけどね。まあ、なんらかの事情なのだと思うので、仕方ないですけど。ゲーム原作では不遇を極めたアリーシャ姫がカムイするとかいう展開に、ゲーム組の魂が浄化されていく様は実に心地よい有様でした。ロゼとかの好感度も段違いとのことで、ゲーム原作はどんな地獄を描いていたのやらとか逆にとても興味が湧きます。まあ、ゲーム機ないから原作遊べないけど。最終回を正座して待つことにします。

鉄血のオルフェンズ、うーん。この終盤の失速はかなり残念ですね。モビルアーマーが出てくるところまではとても楽しみにしていた作品だったのですが、そこからの展開が一本調子で工夫もなく、キャラの魅力が次々に損なわれていく感じがしてモヤモヤしました。全体としては印象的な作品なんですが、お話としてはちょっと冗長だったかなぁと。

幼女戦記、デグ少佐奮闘するも歴史を変えること能わずといった風情で無力感が募りますね。キャラのアクの強さで強引な展開を引っ張っていく感じでグイグイ進みますね。ただまあ、デグ少佐が苦境に立たされてそこからなんとか工夫して逆転するというこの繰り返しではあります。存在Xがそこにちょっかい出してくる、と。

昭和元禄落語心中、大団円でした。落語が世代を超えて愛されていくという、そういうお話だったのかなぁと思います。作品の細やかな作りのおかげで、落語の面白さ、魅力というものが伝わってくるような気がしました。今まではあまり落語家の人の違いとか気にしてなかったんですが、最近では落語家さんそれぞれの個性みたいなものもなんとなく分かるようになりました。そういう意味でも、この作品は秀作だったと言えるかと思います。

青の祓魔師、大団円でした。弟くんの方が戦っていた相手のその後が投げっぱなしのような気もしますが、まあ、そこは気にしない方向で。あとはいちいち登場人物の気分の上下が激しくて唐突感ありますが、まあ、そういう人たちなんだろうから仕方ないですよね。メフィスト卿とか突然笑い出すし、情緒不安定な人なんだろうか。

【Amazon.co.jp限定】 テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス Blu-ray BOX II (録り下ろしドラマCD&早期購入特典:3面クリアファイル) 幼女戦記 1 [Blu-ray] 昭和元禄落語心中 -助六再び篇- Blu-ray BOX(期間限定版)

うらら迷路帖、可愛かったです。九番占になって良かったね、ということでここからは学園ものになるんでしょうか。原作ではまだ九番占やってるらしいですが。二期あるんでしょうかね……。

南鎌倉高校女子、ガチレース的な展開をやったかと思えば、ろんぐらいだぁっぽい要素も入れてくる欲張り企画ですね。ロードバイクのあれこれ全部盛り合わせ。その分、作品としてはぼんやりした印象になってしまうのは仕方なかったかな、と。キャラも特に立っている訳ではないのでぼんやりしてましたね。

信長の忍び、千鳥氏が相変わらず超人で吹きます。だんだん信長無双のターンになってきました。二期にそのままなだれ込む模様。

One Room、三者三様なヒロインで、独り言無双が楽しかったです。この調子で今後も新しいヒロインをお願いします。

クズの本懐、今期の三大聖人の最後の一翼お兄ちゃん先生の出番ですね。全くもう、このお兄ちゃんたら女子の考えた最強のお兄ちゃん的なまさにファンタジー満載なアレでドン引きです。女子の考えた最強のイケメンくんも涙しますよそりゃ。ところでここのところ出番のなかった主人公、なんだか独りよがりに納得して孤独エンド。なんじゃそりゃ。

AKIBA’S TRIP、最後までドタバタと楽しい作品でした。

政宗くんのリベンジ、うーん。単なるラブコメにもならなかった作品という感じですね。ネコ氏登場のところまではなんとなく王道っぽかったんですが、偽マサムネのあたりから何がしたいのかよくわからなくなりました。もうどうでもいいから姫さんと主人公はラブラブしてればいいよ。お疲れっ!

うらら迷路帖 第2巻(イベントチケット優先申込券付 初回限定版) [Blu-ray] One Room [Blu-ray] クズの本懐 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

こんな感じでした。

さて、春アニメのチェックです。