雨谷の日和

過去16年で2,100を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2006年10月期終了時感想

気がつけば大晦日。時間の流れが加速!時代は常に過酷!←はぁ?
それはともかく、終了時の感想をば。

[2006年10月期](終了時)
01. 仮面ライダーカブト
02. コードギアス 反逆のルルーシュ
03. Pumpkin Scissors
04. ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!
05. 学園アリス
06. 武装錬金
07. DEATH NOTE
08. 結界師

xx. 天保異聞 妖奇士



(終了番組感想)
BLACK LAGOON The Second Barrage、漫画の雰囲気を良くアニメとして描いてあったと思います。ジャパニーズヤクザ編は、原作の長さの割にアニメの尺が短くて駆け足だったような気もしますが、まあ、許容範囲、かなぁ?
ライオン丸G、素晴らしい作品でした。下品さ、下らなさ、脚本、人情、演出の奇抜さ、伏線の回収具合、どれを取ってもバランス良く、下ネタすらも全てが伏線、しかし何も救えなかったダメヒーロー。かっこよすぎます。
乙女はお姉さまに恋してる、さらりとした作品に仕上がりましたね。作画も崩れず、feel 制作としては出色の出来だったのではないでしょうか。
くじびきアンバランス、うーん。イマひとつ感がありますね。個々のネタは良く出来ていて、全体的なバランスも良かったのですが、作画が微妙気味だったのと、結局尻切れトンボ的なまとめ方になってしまったので全体評価は下げざるを得ません。もう少し遊びなり、ノリなりが欲しかったでしょうか。
N・H・Kにようこそ!、漫画とは異なった筋立てで、終わりも綺麗にまとめちゃいましたね。まあ、それでもアニメでの可能なトコロは描いた感じ、かな?作画がとんでもなく酷い回が多すぎるのはどうしようもなくダメでしたが。


(その他雑感)
仮面ライダーカブト、嗚呼、とうとう我らの王子がお亡くなりに。あと、矢車・影山義兄弟の奇行の行き着くところはどっちだ!?
コードギアス、もうすっかりオレンジ卿のファンな訳ですが。それにしてもロボ戦の作画はカッコいいなぁ。
妖奇士、結局面白く無かったので切りで。なんというか、何がしたいのかさっぱり分かりません。作画とかは素晴らしいだけに、もったいない。
後のアニメはまあ、気が向いたら感想を書きます。