雨谷の日和

過去16年で2,100を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2009年01月期終了時感想総括

ということで、今期のまとめをば。

[2009年01月期](終了時)
01.→ 獣の奏者 エリン
02.→ 天体戦士サンレッド
03.→ SOUL EATER - ソウルイーター -
04.→ まりあ†ほりっく
05.→ 続 夏目友人帳
06.→ CLANNAD 〜AFTER STORY〜
07.→ イナズマイレブン
08.→ とらドラ!
09.→ RIDEBACK-ライドバック-
10.↑ みなみけ おかえり
11.↑ 機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン
12.↑ しゅごキャラ!!どきっ
13.↑ FLAG
14.↓ 空を見上げる少女の瞳に映る世界
15.→ ミチコとハッチン
16.→ キャシャーン Sins
17.→ 宇宙をかける少女



中間時と比べて、順位を変えたのは空を見上げる少女の瞳に映る世界のみ。
なので感想もほとんどのアニメについて同じなので、以下では雑談でも。


今期のアニメについては、オープニングにちょっと仕掛けのあるものが多かったですね。
サンレッド、最後にバイクが中古屋に売りに出されているのですが、それが毎週毎週値を下げていくのが細かい演出でした。最後は売れちゃったみたいで良かったです。
まりあほりっく、こちらはエンディングですが、毎回その時々のエピソードを盛り込んだ変な映像になっていましたね。
夏目友人帳、オープニングの曲がサビ→Bパート→Cパート→サビ2となっているのですが、その最初のサビのところの映像は日常風景、最後のサビのところの映像は、最初のサビの同じ風景の中に妖怪がいるよーという演出でした。なかなか味わいのあるオープニングでしたね。
CLANNAD、細々とした場面場面に実は汐が混じっていたという。あと、タイトルにも小細工が?!
イナズマイレブン、途中からチームに参加したメンバーも、ちゃっかり後から書き加えられていましたね。
とらドラ、最初のオープニングはヒロイン3人の上っ面を淡々と紹介する感じだったのに対して、後半のオープニングはそれぞれがそれぞれに向き合い、歩き始める走り始めるという趣向でしたね。曲の中の「プラスチックハート」→「シルクのハート」という歌詞も対比的で良かったです。


あと、CLANNAD について。
とりあえず、妊娠ネタで母体が危険な状態になるお話は、他人事ではないので見ていてちょっと辛いというのがあります。かなり個人的な事情で申し訳ないのですが。正直、体の弱い妊婦さんでかつ、出産が危険な状況になりそうなことが事前に予見できていたのであれば、出産間近な時期には入院して下さいお願いします。そもそも出産自体、母体にとってはかなり危険な作業であり、昔はもっとたくさんの妊婦さんが出産絡みで命を落としていたということを、主人公は知っておくべきだったと思います。ヘンテコな感情移入で申し訳ない。あと、いくら奥様を亡くしたからといって、その忘れ形見を5年もほっとくのはどうかと思います。母方のご両親が本当に良い人たちで、ご令嬢も健やかに育ったことは不幸中の幸いですが、それに甘えていてはいけません。まあ、そのあとかなり反省したようなので良いんですが。ああ、俺何書いているんだろう。
それにしても、エンディングの付け方はいつものKEY クオリティで安心しました。アニメとしてのイベントの消化の仕方も、ヒトデ女→平行世界→生徒会長→双子→演劇部(ここまでが前期)、脇キャラ→人生→平行世界(後期)ということで、ファンタジー→現実→やっぱりファンタジーという実に良く考えられた構成だったと思います。これ以外の構成は、今となってはちょっと考えづらいですね。


ところでイナズマイレブン、4月からはゴールデンに進出らしいんですが、大丈夫なんでしょうか…。既に神と戦っているんですが、次の対戦相手はどうなるんでしょうか。


さてさて、4月の新番組もチェックせねば。