雨谷の日和

過去16年で2,100を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2011年04月期開始時感想

ひと通り見終わったので感想を書いておきます。
まずは新番組の個人的順位から。

逆境無頼カイジ 破戒録篇
花咲くいろは
まりあ†ほりっく あらいぶ
電波女と青春男
スターウォーズ・クローンウォーズ2
ファイアボール チャーミング
TIGER&BUNNY
神のみぞ知るセカイ 第2シーズン
青の祓魔師
GIANT KILLING
世界一初恋
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
もしドラ
変ゼミ
30歳の保健体育
Dororonえん魔くん メ〜ラめら
STEINS;GATE
アスタロッテのおもちゃ!
デッドマン・ワンダーランド
トリコ
SKET DANCE
聖痕のクェイサーII
C
よんでますよ、アザゼルさん。
そふてにっ
日常
Aチャンネル
けんぷファー fu"r die Liebe
DOG DAYS
遊☆戯☆王ZEXAL
爆丸バトルブローラーズ ガンダリアンインベーダーズ
メタルファイト ベイブレード 4D
戦国乙女〜桃色パラドックス〜
星空へ架かる橋
ジュエルペット サンシャイン
プリティーリズム オーロラドリーム
はっぴ〜カッピ
Suzy's Zoo だいすき!ウィッツィー
殿といっしょ〜眼帯の野望〜
フジログ
昭和物語
俺たちに翼はない
緋弾のアリア



カイジTIGER&BUNNYあたりがお勧めゾーンでしょうか。今期はお勧めが多くて豊作です。
神のみ〜Cくらいの辺がお好みゾーンかと。こちらもかなりの数が入っています。豊作です。
アゼザルさん以下は微妙な作品群、B級好きには良い感じかも知れませんね。
今期は作品数が多いこともあって、企画自体の方向性が今ひとつ分からない謎作品もちらほら見かけます。


さて、上記の結果、4月期の視聴リスト及び個人的ランキングは以下の通りです。

[2011年04月期](開始時)
01.◎ 逆境無頼カイジ 破戒録篇
02.◎ 花咲くいろは
03.↑ 魔法少女まどか★マギカ
04.◎ まりあ†ほりっく あらいぶ
05.◎ 電波女と青春男
06.◎ スターウォーズ・クローンウォーズ2
07.◎ ファイアボール チャーミング
08.◎ TIGER&BUNNY
09.↓ GOSICK -ゴシック-
10.◎ 神のみぞ知るセカイ 第2シーズン
11.◎ 青の祓魔師
12.↓ イナズマイレブン
13.◎ GIANT KILLING
14.◎ 世界一初恋
15.◎ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
16.◎ もしドラ
17.◎ 変ゼミ
18.◎ 30歳の保健体育
19.◎ Dororonえん魔くん メ〜ラめら
20.◎ STEINS;GATE



前期からの持ち越しは3作品、しかしながら内2作品は4月完了なので、実質は1作品のみですね。
カイジ、前期からのエグイ作風は健在、「これが噂のペリカかっ!」と楽しく見ています。それにしてもカイジ君はいつもクズだなぁ。
いろは、昼ドラっぽい筋立てですね。サービスシーンもきっちりで、売る気満々なのは好感です。キャラも立っていて見ていて楽しくなりますね。
まどか★マギカ、大団円でした。最後の天元突破まどか形態はどことなくハートキャッチプリキュアの最終形態を思い出させますよね。ネタ被りwコンパクトな世界観と緻密に組まれた脚本、ケレン味満載の演出と様々に相乗効果のあった作品だったと思います。声優さんの演技も迫真でした。キャラの掘り込みに掛ける時間が少なかったため、結局主人公の心情変化の描き方は丁寧さに欠けるところがありましたが、青&赤、黒のそれぞれに背景となる物語を盛り込んで仕上げてあるのはよく出来ていたと思います。
まりあほりっく、主人公の相変わらずの変態は素晴らしいですね。なんだか絶望先生的な演出も多用されていますが、そういう方向性で良いんでしょうか。まあ、いいのか。
電波女と青春男、これ、ヘンテコなキャラの性格設定をとっぱらうと単純なハーレム作品な罠。主人公モテ過ぎ君過ぎてマジリア充ホビロンホビロン
スターウォーズ、相変わらず教訓満載の作品で良いです。主人公のアナキンは目先の状況については常に勝利しているにも関わらず、裏の駆け引き・思惑については常に敗北し続けるという、二面性が物語を引き立てていますね。
ファイアーボール、いつもコミカルで切れ味良いです。
TIGER&BUNNY、ベタな設定なんですが、それぞれのヒーローのキャラが立っていて楽しいです。物語の組み方とかにはやや雑なところがあるんですけどね。キャラの魅力で押しこんできますね。
GOSICK、ここのところアヴリルが絡んできて主人公のマジリア充ぶりがいけませんね。もっと不幸になってヴィクトリカに罵られる毎日を送ればいいのに。地味に警部さんが楽しいキャラで良いです。
神のみぞ知る、春日センパイ編は手堅くまとめましたね。さて、これから盛り上がってくるんでしょうか。
青の祓魔師、結構強引なシナリオですね。悪魔の全能性と限界のようなものの境界線がいまいちイメージできないので、物語の緩急が付きづらいことになっているような気がします。常に追われている感というか。その割に平和だったりするし。
イナズマイレブン、いよいよ最終回でした。長い間、円堂守のサッカーバカぶりを楽しめました。次月から新シリーズということで、定番化していくんでしょうか。
GIANT KILLING、ダメチームを監督様がどういう感じで育てていくのかが興味深いですね。ネタ的にはもしドラと被っているのかな…?おおきく振りかぶっても弱小チームの成長物語ですが、あちらが選手の自主性とそれを見守る監督という流れに対し、こちらは自主性を引き出すところからのスタートということでさてさて、という感じ。
世界一初恋、それにしても春菊センセイはいつもお腐りになられておられるぜっ、腐女子の神様やで。
あの日見た花、こちらは若者達の恋愛模様ということで、ヘタこくとケータイ小説バリに軽いノリになってしまいそうな危うさはあります。そこをどういう形に演出してくるのか楽しみです。
もしドラ、アニメとしてのクオリティにかなりの疑問符があるんですが、ネタ作品としては見るところもあるということで。
変ゼミ、ヘンタイばっかりやでしかし。
30歳の保健体育、生暖かい目で見ると、単に男女2人の恋愛物語でしかないんですが、そこに恋愛ハウツーのような彩りを添えると妙に下品になりますね。まあ、相手の女の方もおそらく神憑きなんでしょうけども。
えん魔くん、わざわざ古臭い作風にこだわっているようです。基本的には永井センセイのエロ路線への忠誠心で作品をまとめあげるんでしょうか。謎です。
STEINS;GATE、なんだか頭の悪そうな筋立てですよね。主人公とかの台詞の単語一つ一つはこ難しげなことになっているんですが、その実中身は空っぽで空虚な会話時間だけがアニメの枠を食いつぶしていくというか。雰囲気は好きなんですが、中身が空っぽだと微妙かなぁ。


5月で少し視聴作品を入れ替えるかも知れないですね…。