雨谷の日和

過去14年で1,800を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2017年10月期終了時感想

今年も終わりですねぇ。冷え込みが厳しくなってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さてそれはともかく、アニメの感想です。

[2017年10月期](終了時)

01.→ 宝石の国
02.→ ボールルームへようこそ
03.→ 結城友奈は勇者である 第2期
04.→ キノの旅 -the Beautiful World-
05.→ 魔法使いの嫁
06.→ 3月のライオン 第2シリーズ
07.→ 食戟のソーマ 餐の皿
08.→ 牙狼 VANISING LINE
09.↑ アイドルマスター SideM
10.↓ 十二大戦
11.→ Infini-T Force
12.→ Just Because!
13.→ 少女終末旅行
14.↑ ネト充のススメ
15.↑ ラブライブ!サンシャイン!! 第2期
16.↑ ブラッククローバー
17.↓ クジラの子らは砂上に歌う
18.→ Fate/Apocrypha
19.→ いぬやしき

宝石の国 Vol.4 (初回生産限定版) [Blu-ray] TVアニメ「ボールルームへようこそ」第1巻【Blu-ray】 【Amazon.co.jp限定】結城友奈は勇者である -勇者の章- Blu-ray (各巻特典:オリジナルTシャツB+2巻購入特典:描き下ろしイラスト使用 LPサイズディスク収納ケース(キャラクター:犬吠埼風・犬吠埼樹)引換シリアルコード付)

宝石の国、フォスの変貌ぶりに戸惑いますね。初回の可愛いかっただけのフォスを返してください。強くなったようでまだまだ危なっかしいフォスですが、好奇心で前に進む姿勢だけは変わらない、本質のところはそのままにできることが増えて行く、でも何も得られない。物悲しいお話です。しかしそんな全体的な雰囲気の中で宝石たちの賑やかな立ち振る舞いに救われるというか。ああ、先生はそういう眼差しで彼らを見守っているんでしょうか。大変堪能させて頂きました。ありがとうございます。

ボールルームへようこそ、いやー、見応えありましたね。決勝にピークを持ってくるのは狙ってやる話ではあるのですが、それをお話の流れの中で自然に見せるとかいうのも良くできています。一方でクギミヤ組も一本筋を通していたところは好感でした。単なる悪役でもなく、ライバルというわけでもなく、一つの先輩として共演者として追う者としての視点だったのかもしれません。半年間たいへん楽しく拝見しました。ありがとうございます。

結城友奈は勇者である、うーむ、最終回は年明けに持ち越しなんですね。前期同様の絶望的な状況、そして前期と違って心砕ける主人公。気丈なヒロインが弱々しく流されて行く様は見ていて辛いものがあります。ここからの大団円はあるのか。あと1話だけど、広がり切った風呂敷のたたみ方はいかに。目が離せません。

キノの旅、淡々と最終回でした。キノさんの始まり、それもなかなか皮肉なお話でした。キノさんと師匠のエピソードはちょっと見てみたいですね。あの可憐だったキノさんが、どういう経緯で冷静なソルジャーとなっていったのか。なかなか気になります。

魔法使いの嫁、おっとここで主人公覚醒か。エリアスさんの心の闇を深掘って行くスタイルで進むのでしょうかね。人ならざるモノが人間のふりをしていたものが、人間に興味を持ち、そこに心囚われるとか、そういう話なのでしょうか。二人の行先が気になります。

3月のライオン、改めて見ると一つのネタを延々と繋いでいたんですね。解決の見えないトンネルの長さを思い出しました。ここからの解決が待ち遠しいですね。主人公の方はここで大きな壁に阻まれるわけですが。さて。

キノの旅 the Animated Series 中巻(初回限定生産)(特典ドラマCD付) [Blu-ray] 魔法使いの嫁 第3巻(完全限定生産) [Blu-ray] 食戟のソーマ 餐ノ皿 Blu-ray BOX 上 初回仕様版

食戟のソーマ、第一席の実力、凄すぎますね。第九席がヘボすぎただけなのかな。まあ、予定調和ではありますが。それにしても主人公、強いのに挑んでは負けるということの繰り返しなのでいまいちその凄さがわかりづらいというか。挑む者としての逞しさのようなものを意図しているんだとは思いますが、勝たないので爽快感とかに欠ける嫌いはあります。永遠の噛ませとかそういうのが似合うというか。

牙狼、2クールのためか、いきなりエルドラドへは迫らずにショートエピソードを繋いでいくスタイルですね。悪くないです。キャラの彫り込みもできますしね。しかしそろそろ敵の幹部の実力も拝んでみたい気はします。今の所暗黒騎士すげーってのだけですからね。キングとかも何が凄いのかまだ明らかではないですし。

アイドルマスター、サイドMは実に安定したエンターテイメントでした。男性アイドルモノの企画は数多いですが、その中では頭一つ抜けていたと思います。女性アイドルサイドのアイドルマスターのテイストもそのままに、各キャラの造形も丁寧でお話の仕上がりもきっちりでした。お約束の誰得シリアスも無難にこなして、最後は各ユニットの楽曲ライブシーンもあり、全体でのライブシーンもありで大サービス、これこそアイドル企画の王道ですよね。分かっている感が凄いです。2期とかあるといいですね。

十二大戦、いやはや、竜頭蛇尾ということわざがこれほど似合う物語もなかなかないですね。十二人の手練れが死を賭して競う、その中にはこの戦いの平和的解決を目指すものもいて……というワクワク感ある企画だったんですが、終わってみると数々の選択肢の中から生き残りを模索し続けた者が命からがら逃げ延びたという感じで。最終回もひねりのない落ちの付け方だったしなぁ。

【Amazon.co.jp限定】アイドルマスター SideM 1(メーカー特典:「アニメーションキャラクター原案:曽我部修司描き下ろし複製色紙」付)(全巻購入特典:「描き下ろしB1布ポスター(High×Joker)」引換シリアルコード付)(3rdLIVE第1弾チケット先行申込券付)(完全生産限定版) [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】Just Because! 第2巻<初回限定版>(全巻購入特典:「比村奇石描き下ろし全巻収納BOX」&「鴨志田一書き下ろしドラマCD」引換シリアルコード付) [Blu-ray] 少女終末旅行 2 [Blu-ray]

Infini-T Force、最後までヒーローたちがかっこよかったですね。敵はチームというわけでもなくそれぞれバラバラの価値観でたむろっていただけだったので、あまり深く掘り下げられることもなく、という感じでしょうか。ボスキャラの目的もちょっと自己中すぎて「お前それあかんやろ」的な感想しか出てこなかったですしね。とはいえ一つの物語としてはちゃんとしていたと思います。往年のヒーローの良さを活かした作品でした。

Just Because、すれ違い恋愛ストーリーと、純愛モノの同時進行ストーリーでした。恋模様は様々、乙女心も様々といったところでしょうか。しかし想い人の大学にこっそり受験するとかメインのペアのストーカー気質に震えます。

少女終末旅行、淡々と進み、淡々と終わりましたね。最後の方は人類の滅びる過程にもそれとなく言及されていたりと、世界観のちら見せも忘れないあたりがサービス精神という感じでしょうか。二人の旅路に幸あらんことを願わずにはいられませんね。

ネト充のススメ、恋愛脳なストーリーでした。まあ、それでいいんですけども。普通複数のネトゲやってて同じプレイヤーに出会うなんて偶然、ないですけどね。しかもギルメンのうち3人がご近所とか確率的に無理、しかもそのうち一人は同じ会社とか。運命働きすぎで過労死寸前か。面白かったです。

ラブライブ、思うに、このお話の演出がなんとなくミュージカルテイストなのが違和感の元なのかもな、という気がしてきました。キャラのセリフの一つ一つがどうもお芝居がかっていてこのお年頃の少女たちのリアルっぽさがないというか。ファンタジーならファンタジーとしてMマスくらい作り込んでくれれば文句もないんですけどね。中途半端なのかな。ストーリーは予定調和の、しかしやや破綻気味のシュールさある展開に終始していました。そこはハラハラしましたね。

ブラッククローバー、安定のジャンプ作品という感じで安心感あります。ポンコツ姫も安定のデレっぷりでこの先が楽しみです。一方で四つ葉の彼の方の王族姫は有能ですね。なんだろうこの組み合わせ。まあでも主人公サイドの方がガヤガヤ楽しそうではありますね。多分金色の方は悪役だしな。

TVアニメ「ネト充のススメ」ディレクターズカット版Blu-ray BOX 【Amazon.co.jp限定】 ラブライブ! サンシャイン!! 2nd Season Blu-ray 2 (特装限定版) (全巻購入特典:録り下ろしドラマCD引換シリアルコード付) ブラッククローバー Chapter I [Blu-ray]

クジラの子らは砂上に歌う、いやー、意味不明なお話でした。設定とやりたいこととできていることがちぐはぐで戸惑うばかりです。原作もこういう感じそのままだそうなので、それはそれできっちりアニメにできていたということかもしれません。

Fate/Apocrypha、恋愛脳なストーリーでした。なんだろう、多分聖女としての生前を全うしたジャンヌさんが、一人の年頃の娘さんとしての自覚を持つというお話が軸にあったのかもしれませんが、それを語るには周辺の仕掛けが多すぎ豪華すぎ雑すぎで全く機能してませんでしたね。主人公は多分ジャンヌさんだったということで。価値観の違いがぶつかり合ったりするわけでもなく、ヌルヌルといざこざを繰り返すだけのマンネリ展開はなかなかキツいものがありました。

いぬやしき、作者がやりたいことをテキトーに漫画にしただけという感じでした。お疲れ様でした。

こんな感じでした。 年末なので、今年のベストアニメランキングとかをまとめねば。