雨谷の日和

過去15年で1,900を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

奥様VTuber化計画:結果

こんにちわこんばんわ。

ということで、奥様VTuber化を実験してみましたのでお知らせです。


SaraKasumiチャンネル:絵本読み聞かせ『なぜなぜねこさんとおおきなき』

どうですかね? それっぽくVTuberしてますかね?

マイクのスイッチで雑音入っちゃってますが、そこは不慣れゆえの不手際ということで。

ちなみに読んでもらっているのは拙著の絵本『なぜなぜねこさん』シリーズから第1巻です。

なぜかアバターがほぼほぼ常に片目を閉じてしまっているのは、FaceRigの顔認識で微妙な失敗をしているからではないかと思います。

ああ、そういえばVTuber化の方法を書いてませんでしたね。

奥様VTuberの機材とかソフトウェアとか

  • アバター作成
    • 原画:procreate(iOS版)
    • モデリング:Live2D Cubisum Editor 3.2.1(MacOS X版)
      • v3.2.1で原画をモデリングし、v2.1のファイル形式で出力、その後v2.1のViewerで物理演算付与しています。
  • アバター表示
    • 顔認識&モデル連動:FaceRig mobile(iOS版)
    • PCへの表示:Quick Time Player(MacOS X版)
      • iPhoneのFaceRigでアバターを顔認識で動かしています。それをMacBookにUSBでつないで、Quick Timeの録画機能でPC画面に表示してます。
  • ゲーム画面のキャプチャ
    • HDMIのキャプチャ:Live Gamer Portable2(AVT-C878)
      • 結構定番どころのゲームキャプチャ機器です。もともとNintendo Switchのキャプチャをしようと思って買ったのですが、今回はiPadの画面キャプチャに使っています。USBでMacBookにつないでいます。
  • 音声入力
    • 音声入力:Live Gamer Portable2(AVT-C878)
      • 音声もキャプチャ機器経由で入力しています。ヘッドセットをキャプチャ機器の音声入力端子に接続するだけです。
  • 配信用の録画
    • OBS Studio(MacOS X版)
      • 動画配信の定番ソフトのようです。Quick Time Playerのウィンドウキャプチャと、ゲーム画面のキャプチャ入力を配信ソフト上で合成して録画しています。

iPhoneiPadMacBook持ってる前提ですし、procreateとかもずっと前に買っていたものなのでアレですが、今回のVTuber化のために費やしたのは以下だけです。

  • Live Gamer Portable2(AVT-C878):20,000円くらい
  • ヘッドセット(安物):2,500円くらい
  • FaceRig mobileのLive2Dプラグイン:1,200円

計25,000円くらいですかね? 原画の準備とモデリングに費やした私の時間をお金に換算した奴の方が全然高いです。

まー、お手軽に色々できるようになったものです。凄いぞ人類のテクノロジー

そんな感じでした。ご感想とかは奥様VTuberのコメント欄か、本人のツイッターとかに投げておけば良いと思います。

ではでは。