雨谷の日和

過去17年で2,400を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2022年04月期中間時感想

初夏の季節ですが雨が上がると陽射しの強さが夏の匂いを運んできますね。熱中症とかには注意をしていく感じになりますね。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

それはともかく、アニメの感想です。

[2022年04月期](中間時)

01.↑ サマータイムレンダ
02.↑ パリピ孔明
03.↓ SPY×FAMILY
04.↓ キングダム 第4シリーズ
05.↑ まちカドまぞく 2丁目
06.↓ アオアシ
07.→ 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第3期
08.↑ であいもん
09.↑ 恋は世界征服のあとで
10.↓ かぐや様は告らせたい?-ウルトラロマンティック-(第3期)
11.↓ ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第2期
12.↓ 古見さんは、コミュ症です。 第2期
13.↓ ヒロインたるもの!~嫌われヒロインと内緒のお仕事~
14.↑ ダンス・ダンス・ダンスール
15.↑ エスタブライフ~グレイトエスケープ~
16.↑ 社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。
17.↓ 盾の勇者の成り上がり Season2

サマータイムレンダ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) パリピ孔明 SPY×FAMILY

サマータイムレンダ、この作品、各ループに明確な意図があるのが凄いです。初回はまず何か危ないことになってしまうという危機状況の提示、2回目は危機の回避と敵の明示、終末のビジョンと仲間の暗示。そして現在3回目が進行中ですが、仲間との連携、攻略と作戦といった感じでとても分かりやすく、設定の開示が順序だっていて納得感があります。すごい。そんな中、一人だけジョーカー的に状況をかく乱する要素として水着のヒロインがいるわけですが、さてこの続きやいかに。楽しみです。

パリピ孔明孔明さんの策略、個人の思い付きレベルのネタ進行でいくのかと思いきや、事前の下調べや心理戦、策に至るまでの演出のタネや結果の松竹梅といった基本的な事項は一通り抑えててなかなか見応えがあります。そしてエーコさんやラップの人といった周辺キャラも立っていて面白いですね。歌やダンスもアニメ映えしてて楽しいです。

SPY×FAMILY、学校始まりました。いくら有能なスパイさんでも子どもの学校生活を100パーセントコントロールすることはできないわけで。そして瞬間トキメキな学園生活がっ!なにこれむっちゃ萌えるんですけど。子どもたちの淡い恋心っていいものですよね。そして登場する秘密警察。それぞれが胸に何か黒いものを抱えたままほんわか日常を演じる、そのドキドキがたまりません。

キングダム 第4シリーズ まちカドまぞく 2丁目 - シーズン 1 アオアシ

キングダム、今期はアレですね。ヒロインたちがひどいめにあうターンなのかな。セイキョウさんの奥さんに続いてこんどは小娘軍師がさらわれたりで。古代の戦いとかだと、やっぱり現実には女性はひどいめに遭ってたんでしょうね…いまの戦争でもそういう話は伝え聞きますし…。魏国の古強者たちとの対決、この先の熱戦が楽しみです。

まちカドまぞく、とうとう主人公とモモさんの所縁というか、それをつなぐ存在であるサクラさんのエピソードが。謎めいていたサクラさん、ちょっとドジっ子な感じのお姉さんでした。このお話そんなのばっかりだな楽しい。闇堕ちモモさんバージョンかっこよかった。高速早回しコメディ絶好調でニヤニヤが止まらない。

アオアシ、ユースに入ったものの実力的にぜんぜんかなわなくてゼロリセットな主人公、スポ根の王道展開が楽しいです。この作品、サッカーのプレイヤーについての考え方が現代サッカーっぽい感じに仕上がっていて、ウンチク的にもなかなか歯ごたえがありますね。楽しいです。そして悩める主人公に辛辣ながらもその欠点を指摘しまくる先輩たち同級生たち、なんかやさしさを感じる…ここからの挽回が楽しみです。

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません であいもん - シーズン 1 恋は世界征服のあとで

本好きの下剋上、貴族たちの陰湿な企みが裏で進行する中で、主人公は主人公で赤ちゃん育てたり絵本のためのカラーインクの開発に熱中したりで。このアンバランスさはこの作品の見どころでもあり、進行が遅いイメージになってもおり…ま、まあこういうネタがあってこそというものですね。個性です個性。それにしても身食いの赤ちゃん、その行く末が心配です。主人公の代わりに犠牲になっちゃったりしたら…ああ、続きが気になる。

であいもん、序盤はダメダメさ加減が強調されていた気もする主人公ですが、なんとなくだんだんその和菓子っぽいふんわりした人柄の在りようが周囲にイイ感じの影響を与えていて、といった流れになっていて草生える。主人公に想いを寄せる向きもけっこうちらほら散見されるので修羅場かと思いきや冷戦状態だったりで楽しいです。

恋は世界征服のあとで、死神王女ことマガハラ・デスミさんが尊い尊い…はぁぁ…デスミさん最高です。ところで過去のデスミさん、強すぎて孤独に陥っていた感じのエピソードありましたが、そんなデスミさんの全力を真正面から受け止められるフドウくん、どんだけ強靭なんや…理想の彼氏さんかフドウくん…。

かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック- ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会TVアニメ2期 古見さんは、コミュ症です。(1) (少年サンデーコミックス)

かぐや様は告らせたい、ハヤカワさんのエピソードは毎回破壊力高くて悶絶しますね。そして会長のダメな側面をモロにくらう書記エピソード、ワンパターンですけど面白くてニヤニヤします。かぐやさん、そろそろ想いがダダ漏れになっていていよいよクライマックス文化祭なのかといったドキドキ展開ですが、さてどうなるんでしょう。原作は文化祭の後ぐだぐだになるとのうわさも聞きましたが…。

ラブライブ、二期から参入の三人組、それぞれに過去のしがらみがあってアイドルに手が届かないでいたという共通点が一通り提示されて解決しての合流劇でしたね。良い最終回だった…って、まだ三回分くらい残ってますけど、このあとは新参三人組も交えたエピソードになるんでしょうか。楽曲MVも含めて楽しみです。

古見さん、マッチョだとかナルシストだとか、またへんなのでてきた…しかし女子ネタ尽きたらこんどは男子ネタぶっこんでくるんですね。なるほど。古見さんどうみてもタダノくんラブなわけですが、さてこの恋の行く末とかは何か描かれたりするんでしょうか。タダノくん超ニブそうだしな。クラスのみんなはそういうとこどうなんだろう。

ヒロインたるもの!~嫌われヒロインと内緒のお仕事~ - シーズン 1 ダンス・ダンス・ダンスール(1) (ビッグコミックス) エスタブライフ グレイトエスケープ エクア コスプレ衣装

ヒロインたるもの、おおっと、主人公の幼馴染と主人公って両想いだった。なんてことだ。これだとアイドル二人との恋の乱戦模様とかにはならないじゃないですか。とはいえ二人とも主人公に対してはアイドル面をしない感じなので好意とはいかないまでも仲間意識はあるんでしょうね。そういう感じの青春ストーリーなのかな。

ダンス・ダンス・ダンスール、バレエにまっすぐ向き合う感じのストーリーではなくて人間模様とか恋模様とかでちょっとねじれ位置の部分が多いのですが、それでもバレエのなんたるかについての描き方はさすがという感じのお話ですね。ステージでスゴイバレエをしたつもり、しかもアンコールまでもらったその舞台を酷評されたわけですが、しかしそれも上達し始めてバレエのポイントみたいなものがわかるとあの時の批評は的確だったと主人公が思い知ったりで。なるほど。

エスタブライフ、なんというか、このお話ってそれぞれの街についてキテレツなルール(パンツをはくのは野蛮人とか)があって、それに嫌気がさしてエスケープ!というワンパターンで押すのかと思いきや、なんだかマネージャーだとかクラスタの消滅だとか上位存在を暗示する設定が開示されたりもして面白くなってきました。なんだろう。仮想世界に構築された人類の幸せのための仕組みとかそんな感じなんでしょうか。結末が楽しみです。

社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。シーズン 1 盾の勇者の成り上がり シーズン 2

社畜さんは幼女幽霊、かわいい。

盾の勇者の成り上がり、成り上がり系モノって、一度ざまぁするとその続きがパワーダウンしますね。一期の面白さはどこへ…。単なるチーレム状態でしかもむりやりピンチを作るのでみてらんないぞコレ。

こんな感じで。