雨谷の日和

過去12年で1,600を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2017年10月期中間時感想

いやー、今月からいきなり寒くなりましたね。インフルエンザの流行もちらほら始まっている様ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

それはともかく、アニメの感想です。

[2017年10月期](中間時)

01.→ 宝石の国
02.↑ ボールルームへようこそ
03.↓ 結城友奈は勇者である 第2期
04.→ キノの旅 -the Beautiful World-
05.↑ 魔法使いの嫁
06.↓ 3月のライオン 第2シリーズ
07.↓ 食戟のソーマ 餐の皿
08.→ 牙狼 VANISING LINE
09.↑ 十二大戦
10.↑ アイドルマスター SideM
11.↑ Infini-T Force
12.↑ Just Because!
13.↑ 少女終末旅行
14.↓ クジラの子らは砂上に歌う
15.→ ネト充のススメ
16.→ ラブライブ!サンシャイン!! 第2期
17.→ ブラッククローバー
18.→ Fate/Apocrypha
19.→ いぬやしき

宝石の国 Vol.3 (初回生産限定版) [Blu-ray] TVアニメ「ボールルームへようこそ」第1巻【Blu-ray】 結城友奈は勇者である-勇者の章-Blu-ray

宝石の国、なんというかお間抜けフォスフォフィライトさんが心の赴くままにトラブっているうちにじゃんじゃかパワーアップという謎シナリオ。大好物ですっ。溶ける捕まる砕ける。世界観を縦横無尽に活かした筋立てが実にお見事なのですが、これって最初から狙っていたんだとしたら凄いですね。そしてそのシナリオに負けない映像美、宝石たちのキラキラ感一つ一つに個性も見えるというこだわり画面に見入ります。

ボールルームへようこそ、エピソードを積み重ねるごとに主人公と一緒に競技ダンスの奥深さを知るという。そしてパートナーとの関係性にもハタと得心がいく瞬間があるという。ほんの1ヶ月くらい前はセンゴクさんとそのパートナーさんが物凄くギスギスしていたりしていた場面を見て、「ああセンゴクさんはパートナーとうまくいっていないんだな」とか呑気に眺めていたのですが、今思えばそれは競技ダンスに真摯に向き合う二人としてはむしろ健全な在り様であったと気づかされたり。凄い。

結城友奈は勇者である、わっしー編が定められた結末へと至り、そしてそのっちが伝説になり、ゆゆゆが帰ってくる。ここまでは既定路線ですし覚悟もできていたわけですがそれでも物悲しいお話でした。ここからはまだ見ぬ結末への飛躍となるわけですがさて、どんなことになるのかハラハラと見守っています。

【Amazon.co.jp限定】キノの旅 the Animated Series 中巻(初回限定生産)(特典ドラマCD付)(全巻購入特典:「アニメ描きおろし 全巻収納BOX」引換シリアルコード付き) [Blu-ray] 魔法使いの嫁 第3巻(完全限定生産) [Blu-ray] 3月のライオン 5(完全生産限定版) [Blu-ray]

キノの旅、色々と皮肉なお話を繰り出してくるこのシリーズ、キノさん以外にも主人公がいるという趣向だったのですね。なるほど。ところでこの世界ではバイクさんたちは皆人語を操るということでいいんでしょうか。バギーは喋らないみたいですけども。リクは特別な犬なのかな? 主人公たちのそれぞれの考え方の違いみたいなものもある様で、師匠とキノさんとシズだと同じ様な状況でも違った答えを出してくるというのはちょっと面白いですね。キノさんはどちらかというと自己チューな印象。

魔法使いの嫁、いやー、エリアスさんシャイすぎでしょ常考。もうちょっと自分の気持ちとちゃんと向き合わないとダメですね。何百年生きてても少年は少年のままということなのか、それともエリアスさんの特殊事情なのかは分かりませんが。逆に主人公は結構たくましいですね。目の前の状況や物事をありのままに受け入れるところから始めるので淀みがないというか。少女漫画としては典型的な組み合わせですが、魔法使いというのがどこまでその闇を広げていくのかが読めないというか。

3月のライオン、いや、本当に原作にきっちり向き合った造りでした。感服しました。この辺の表現は難しかっただろうなと思わないではないですが、貫きましたね。

食戟のソーマ、急転直下、爺さん解任劇からのディストピア。さてさて強大な権力を持つ十傑サイドに、主人公たち極星勢+αがどう立ち向かっていくのか。ただなんというかどっちかというと一年生vs上級生という構図になっている気が……。裸センパイも帰還してこれから総力戦なのでしょうか。

牙狼、とうとうエルドラドからの使者が。それも暗黒騎士ですよ。今度の暗黒騎士はかっこいいな。強いな。しかも腕利きの魔界法師と因縁のあるという設定はかっこよすぎて痺れますね。

十二大戦、意外にも干支の順に後ろからリタイアしていくという筋立て、嫌いじゃないです。中盤の盛り上がりどころで猿羊午が次々とちょっとあっけなく事切れるというのはまあ、維新さんっぽいといえば西尾さんっぽいわけで。竜頭蛇尾を節目に終盤戦に突入するのだと思いますが、猿を従者にした兎さんの見せ場は結構かっこよかったですね。あとはネズミさん? 勝機はどこにあるのか、先行きが気になりますね。

十二大戦 ディレクターズカット版 Vol.2 [Blu-ray] アイドルマスター SideM 2(イベントチケット優先販売申込券付)(完全生産限定版) [Blu-ray] Infini-T Force Blu-ray1

アイドルマスター、いやーおっさんアイドルとかどうやって見せ場を盛り上げるんだろうと無駄な心配をしていましたが、むしろおっさんにはおっさんの過去人生があるわけで、そこを絡めて今ここで輝くことを決意した経緯を描くというのは王道でもあり燃えますね。萌えというよりは燃えに寄っている気はしますが、そこはそれで面白いので問題ありません。先生アイドルとか個々の個性もおっさんおっさんしていて親近感も湧くし。一番人気は高校生アイドルって本当ですか。おっさんじゃないんですか。そうですか。

Infini-T Force、こっちもおっさんが熱く語る系になっている気がします。敵もおっさんだしな。主人公たちの立ち位置が第三者的な感じなのでお話的にちょっと作りづらい感じはあります。自分たちの世界を取り戻すとか、ここまではあまりそういう雰囲気ではなかったので、お話的にはどうでもよくなっているというか。エミさんがいつまでもうじうじしているだけの間に、敵側の中ボスたちの物語が語られるという趣向がメインになっている感じでした。

Just Because、んーっと、メインヒロインは主人公の友達のことが好きだったというわけではなく、実はずっと主人公のことが好きだったんだけど、その辺が過去の転校イベントで宙ぶらりんになっちゃってたから自分でもどうしていいか分からなくなっていて、そこからの修羅場ってことですかね? どちらかというとドロドロした感じの恋愛模様ですが嫌いじゃないです。この後は結末に向けての修羅場続きなのかもしれませんが、あまり暗い展開にならないで欲しいなぁとは思っています。

少女終末旅行、今のところどんどん上層階を目指している感じですが、上に行くと何かいいことがあるのかというとそんなこともなくて、食料には毎回苦労しているような雰囲気です。それでもどういうわけかのんびり日常系っぽく視聴できるのは主人公たちのキャラの造形によるところが大きいのかも知れません。

【Amazon.co.jp限定】Just Because! 第1巻<初回限定版>(全巻購入特典:「比村奇石描き下ろし全巻収納BOX」&「鴨志田一書き下ろしドラマCD」引換シリアルコード付) [Blu-ray] 少女終末旅行 1 [Blu-ray] クジラの子らは砂上に歌う Blu-ray BOX 1

クジラの子らは砂上、なんだかクジラの子らはいつも内部でケンカしてますねー。感情を解放しちゃってるからこうなるのでは? という逆説的なシナリオなんでしょうか。一方で敵側は感情を抑制している割にはそういった特色を対比させるような作戦を取ってくるわけでもなく、むしろネジの緩んだ変な人をクローズアップして異常性っぽい演出をしていたりして、世界観と描きたい内容がかなりズレズレになっている印象がします。戦争モノじゃなくて冒険モノにしておけば……と思わないではないですが、まあ、そういう作品なので仕方ありません。

ネト充のススメ、とうとう身バレしてストーキングされてしまう主人公。いや、ちょっとそれは不用心すぎるのでは? あと元会社の人に道端でばったり会ってもテキトーに社交辞令しておいてほっておくのが対人スキルテンプレな気もしますが、主人公は実は元の会社に何か未練でもあるとかそういうことなんでしょうか……そういう描写はなかった気がしますが。ネットゲームを題材にしていても身の回りの狭い世界でお話を作りこんでしまった例になるかなぁという気はします。まあ、恋愛展開にしたかったのだと思うので仕方ないですが。

ラブライブ、ははは、シナリオのジェットコースター状態で第三者的には楽しいことになっています。キャラの造形とかもブレブレで定まらないですね。ラブライブへの情熱の再確認というのもタイミングとしては微妙なところで入れてきましたね。もっと早めに意思表明させておくか、もうちょっと最後でやるかした方が良かった気はします。本戦前に函館編を挟むとかもちょっと謎な構成で微笑ましいです。

ブラッククローバー、ジャンプ作品っぽい本作、定番的な展開でニヤニヤします。ヒロインは主人公の真逆な属性ってことなんでしょうか。身分は王族、魔法力は無尽蔵、でも実戦はまるっきしダメダメという。主人公とヒロインがコンビになってすごいことになるとかいうテンプレ展開を期待してしまいますね。

Fate/Apocrypha、ようやく最終決戦っぽい雰囲気になってきましたよ? アヴィケブロン先生とジャックちゃんは要らない子だったんや。どっちも黒陣営じゃねぇか。黒陣営ってそもそもが要らない子たちやんね。まともにサーバントしているのはアーチャーだけという。不憫すぎる。

いぬやしき、何がやりたいのかさっぱりです。まあ、テキトーなんだろうな。ビジュアルの印象の強さを競ってる感、あ、そうか。東京グールとかと同類と思えば不思議ではない。

TVアニメ「ネト充のススメ」ディレクターズカット版Blu-ray BOX 【Amazon.co.jp限定】 ラブライブ! サンシャイン!! 2nd Season Blu-ray 3 (特装限定版) (全巻購入特典:録り下ろしドラマCD引換シリアルコード付) ブラッククローバー Chapter I*Blu-ray

こんな感じでしょうか。

2017年10月期開始時感想

一通り新番組を確認し終わったので、まとめておきます。

まずは新番組の個人的順位から。

宝石の国
結城友奈は勇者である 第2期
キノの旅 -the Beautiful World-
3月のライオン 第2シリーズ
食戟のソーマ 餐の皿
魔法使いの嫁
牙狼 VANISING LINE
クジラの子らは砂上に歌う
十二大戦
アイドルマスター SideM
Infini-T Force
Just Because!
少女終末旅行
ネト充のススメ
ラブライブ!サンシャイン!! 第2期
ブラッククローバー
いぬやしき
おそ松さん 第2期
血界戦線 & BEYOND
干物妹!うまるちゃんR
ブレンド・S
僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件
妹さえいればいい。
アニメガタリズ
このはな綺譚
UQ HOLDER!〜魔法先生ネギま!2〜
つうかあ
お酒は夫婦になってから
Wake Up, Girls!新章
ドリフェス! R
シルバニアファミリー ミニストーリー
PEANUTS スヌーピー
おにゃんこポン
怪獣娘 〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜
ディアホライゾン(被)
タイムボカン 逆襲の三悪人
ピングー in ザ・シティ
EVIL OR LIVE
王様ゲーム The Animation
GLAMOROUS HEROES
大正メビウスライン ちっちゃいさん
Code:Realize 〜創世の姫君〜
TSUKIPRO THE ANIMATION
あめこん!!
お見合い相手は教え子、強気な、問題児
戦刻ナイトブラッド
DYNAMIC CHORD
Dies irae
URAHARA
aiseki MOGOL GIRL

宝石の国 Vol.2 (初回生産限定版)(イベントチケット優先販売申し込み券付き) [Blu-ray] 結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-Blu-ray 【Amazon.co.jp限定】キノの旅 the Animated Series 上巻(初回限定生産)(多数決ドラマ特典Blu-ray付)(全巻購入特典:「アニメ描きおろし 全巻収納BOX」引換シリアルコード付き)

宝石の国から食戟のソーマあたりまでがお勧め、血界戦線くらいまでがお好みラインでしょうかね? それより下はマニアックゾーンということで。 上位陣がマンガ、オリジナル、ラノベとバラエティな感じですね。あと今期は3DCGを活用した作品が目につく気がします。アイドル系でライブシーンに活用することが増えたとか、ロボっぽい表現はほぼ3DCGに移行し終わったとかいう感じもありますが、一方で宝石の国のように独特な画面を作り込むための採用例も増えているのかも知れません。

3月のライオン 4(完全生産限定版) [Blu-ray] 食戟のソーマ Blu-ray BOX 上<初回仕様版>

さて、この結果から、今期の視聴リストは以下のような感じに。

[2017年10月期](開始時)

01.◎ 宝石の国
02.◎ 結城友奈は勇者である 第2期
03.↑ ボールルームへようこそ
04.◎ キノの旅 -the Beautiful World-
05.◎ 3月のライオン 第2シリーズ
06.◎ 食戟のソーマ 餐の皿
07.◎ 魔法使いの嫁
08.◎ 牙狼 VANISING LINE
09.◎ クジラの子らは砂上に歌う
10.◎ 十二大戦
11.◎ アイドルマスター SideM
12.◎ Infini-T Force
13.◎ Just Because!
14.◎ 少女終末旅行
15.◎ ネト充のススメ
16.◎ ラブライブ!サンシャイン!! 第2期
17.◎ ブラッククローバー
18.↑ Fate/Apocrypha
19.◎ いぬやしき

TVアニメ「ボールルームへようこそ」第1巻【Blu-ray】 魔法使いの嫁 第2巻(完全限定生産) [Blu-ray]

宝石の国、宝石たちのキラキラ感が存分に表現されている本作品、ダイヤさんとか美しすぎて眩しいです。作中でもお前は眩しすぎるんじゃとか罵られていますが、見ているこっちも眩しい感触を味わえるという、こだわりの絵面は必見ですよね。必見ですよね。お話も基本は世界観系なのに、宝石の日常をコミカルに描くところもあり、強面の金剛センセイもちらほらお茶目で魅力的だったり、もうお腹いっぱいのエンターテイメントです。地味に音もいい響きをさせていて、宝石が欠けるシーンで鳴る透明な亀裂音とかかなり印象的だったりします。個人的に大好きな作品ですね。

結城友奈は勇者である、ああああああああ、勇者さんたちの未来を知っているだけに、ほのぼのした日常の一つ一つが辛いです。なんという作品を出してくるんだ。キャラの一人一人が3話かけて細やかに描かれて、そこから一転定められた結末へ転げ落ちていく。fate/Zeroと企画的には同じテイストを持っているんですが、前作との関係性がかなり明確なだけに逃げられない感が凄いです。なんとか救われてほしい。けども…。

ボールルームへようこそ、なんというか、新パートナーが凄いけどポンコツだぞ。凄いなこの作品。というか、今までのパートナーはシズクさんにしてもマコちゃんにしてもトッププレイヤー過ぎたんですね。主人公にはもったいなさ過ぎたというか。しかしフォロワ経験浅いダンス経験者な女性という、競技ダンスあるあるっぽいネタを主人公たちの課題設定に盛り込んでくるソツのなさというのが完璧過ぎて震えます。ああ、ダンス事情にどんどん詳しくなっていく自分が愛しい。

キノの旅、1話完結っぽい構成で色々な国を巡るお話には安定感があって安心して見られます。国にはそれぞれの事情と価値観のようなものが設定されていて、キノさんがそれにシニカルな感想を述べる感じ。キノさんの傍観者感は読者視点にかなり近しいのですが、どこか優しくて悲観的という。全体を漂う物悲しさは国々の設定というよりは、キノさんの有り様からきているのでしょうね。そういう雰囲気がうまいこと出ている作品になっています。原作知っている方々からはかなり駆け足との評価もあるらしいですが、1クール企画だと止むなしかなぁ。個人的にも、1話完結ではなく2話構成の方が安定するとは思いますが。

3月のライオン、1期の雰囲気そのままで2期が始まりましたね。安心して見られます。2期はとうとうあのネタが来るんですよね。原作では鬱々としていましたが、アニメではその辺りにどう向き合うのかが気になります。

食戟のソーマ、いよいよ十傑が全面登場ですね。そしていきなり喧嘩を売る主人公。喧嘩っ早いのはお話的には進めやすいですよね。立派なお店と屋台という対決、イベントでの短期決戦だと土日の集客に向けた微調整が重要とか、そういうお話だったんでしょうか。ちょっと逆転に繋がったポイントっぽいところが分かり難かったかも知れません。スバルさんの再登場は笑えました。

魔法使いの嫁、主人公の視点を中心に、魔法使いの不思議な世界とかを紹介していく感じの作品ですね。とはいえ魔法使いと魔術師の対立構造もあったりで、この後はその辺りを軸にお話が回っていくのでしょうか。それとも魔術師サイドにも色々と事情があって、やっぱり世界は優しさでできていたりとかするんでしょうか。エリアスさんがイケメンで惚れます。照れ屋なところもポイント高い。

牙狼、ワンパターンといえばワンパターンな本シリーズ、主人公は変われど敵役のホラーはいつも変わらぬ立ち振る舞いで安心感あります。今回はおっさん主人公で渋いですね。エルドラドとかいうパワーワードを軸に話が進んだりするんでしょうか。とはいえ、そういう周辺設定はいつもスルーされたりするのが定番なので油断がなりません。結局魔界騎士の生き様、護りし者としての矜持みたいなものがテーマですもんね。

クジラの子らは砂上に歌う Blu-ray BOX 1 十二大戦 ディレクターズカット版 Vol.2 [DVD] 【Amazon.co.jp限定】アイドルマスター SideM 1(メーカー特典:「アニメーションキャラクター原案:曽我部修司描き下ろし複製色紙」付)(全巻購入特典:「描き下ろしB1布ポスター(High×Joker)」引換シリアルコード付)(3rdLIVE第1弾チケット先行申込券付)(完全生産限定版) [Blu-ray]

クジラの子らは砂上に歌う、うお、いきなりの侵略でドン引きです。なんだろう。主人公たちの島は罪人扱いだったんですかね。ここからは外の世界の事情とかがメインになるんでしょうか。2話かけて細やかに描かれていた隣人たちが酷い目に遭うというのは心が痛みますね。

十二大戦、なんだか既視感があるので思い返すと「えとたま」っぽい本作品。いや、あちらはコメディメインなので比べるのはどうかとも思うのですが。似てると言っても十二支をモチーフにして戦い合うというところだけですけども。それにしても結構あっさりと決着がついていくのはいつもの西尾さんクオリティですかね。まあ、全12話っぽいので決着まで行こうと思うと1話1話で大事にお亡くなりになっていかないといけないわけですが。もちろん、どこかで一気に減らしてしまうとかいう手もありますがそれだと魔法少女育成計画っぽい感じになっちゃいますしね。

アイドルマスター、サイドMということで男性アイドルモノなわけですが、お話のテンプレートはサイドFに類似で良くできています。他の男性アイドルモノはどうもワンパターン化しつつあるというか、ノリが似ているというか、だんだん区別がつかなくなってきていて困っています。今期も複数あるしなぁ。一方でこちらの作品は1話ラストで一気にキャラが増えたわけですけども、2話が終わるとそれなりにチームごとの特色が視聴者に見える様になっていたり、そのあとのお当番回で個々のキャラも細やかに描かれるという丁寧さ、手堅さで安心感あります。サイドFで培った手法はサイドMでも有効ということでしょうね。いや、腐女子さんたちがこの作品を愛でるかどうかとはまた別の話ではあるのですが。

Infini-T Forceガッチャマン、ポリマー、テッカマンキャシャーンと懐かしい面々がフル3DCGでかっこいいこの作品、ヒロインのネガティブさがまあちょっとうっとおしい感じではあります。敵ヒロインの吸血鬼とか可愛いですよね。ヒロイン交代すればいいのに。ところでどのヒーローも私の世代だとリアルタイムでは見ていないわけですが、この作品のターゲット層が一体どこなのかが気にはなりますね。私の場合、ガッチャマンは再放送でちょっと見た程度、ポリマーは見たことない、テッカマンはブレードの方、キャシャーンもリメイクの方という感じなんですが、まあ、それでも楽しめています。

Just Because、ガチの恋愛モノでした。サブ主人公(?)がいきなり振られるという展開、三角関係とかこのあとどうなるのか気になりますね。作画とか微妙に不安定なので不安いっぱいです。

少女終末旅行、なんとも寒々しい雰囲気の世界観の中で、主人公たちがのんびりと日常系するというミスマッチが楽しい本作品、時折見せる荒涼とした風景が魅力的ですね。タワーからの夕焼けとか、神殿とか。それにしても人間たちは一体どうなってしまっているのか、そこらへんの事情まで描かれるのか、ちょっと気になりますね。

Infini-T Force Blu-ray1 【Amazon.co.jp限定】Just Because! 第1巻<初回限定版>(全巻購入特典:「比村奇石描き下ろし全巻収納BOX」&「鴨志田一書き下ろしドラマCD」引換シリアルコード付) [Blu-ray] 少女終末旅行 1 [Blu-ray]

ネト充のススメ、ネットゲーム、それもMMO系のゲームでのあるあるネタが微笑ましい作品ですね。ネカマとかネナベとかに良くある話は実体験と比較しても頷ける印象で、作者も同じ様な遊び方をしたのかな、という感じがあります。まあ、私はネカマ側なわけですが。

ラブライブ、か、かなりシナリオが逝っちゃってますね。どういうことだってばよ。意味不明な展開でクラクラします。キャラの作り込みもちょっとちぐはぐ感が。マリーさんとか、コメディ調の時とシリアスパートで別人かと思える様な声で困惑。大丈夫かなこの作品。ライブシーンはさすがの一言なんですけども。

ブラッククローバー、王道的なジャンプ作品という気がします。できる相棒とダメ主人公のコンビというのが良いですね。ただ、ここからは騎士団別れるみたいなので、主人公のダメさだけでお話を作るんでしょうか。まあ、そのために色々と新キャラを投入するんだと思いますが。王女とか。

TVアニメ「ネト充のススメ」ディレクターズカット版DVD Vol.1 【Amazon.co.jp限定】 ラブライブ! サンシャイン!! 2nd Season Blu-ray 3 (特装限定版) (全巻購入特典:録り下ろしドラマCD引換シリアルコード付) Fate/Apocrypha Blu-ray Disc Box I(完全生産限定版)

Fate/Apocrypha、いやー、なんだか赤陣営放置でクラクラします。黒陣営は一体何がしたいんだ。のんびり城でくつろいでる役目か。というか赤はどこ飛んでるんだ。色々とシナリオ破綻が苦しいですね。ジャックちゃん編とか必要性とかどうなってんだろう。何もかも冗長で困惑します。

いぬやしき、じじい主人公で良い感じなんですが、敵役が人間のクズすぎて気持ち悪いですね……。いや、敵をすごく悪い人にして主人公を良いやつにするというのは定番ではあるんですが、やりすぎというのも世の中にはある。

こんな感じで。

アニメ感想「3月のライオン 第2シリーズ」(シャフト)

Eテレ(土)23:00

マンガ原作のアニメ化。将棋人情。

作画は水準を大きくクリア、柔らかい画面作りは独特な雰囲気があって良いですね。動画も適度に動いています。

音楽は雰囲気が抜群です。音の当て方も丁寧で良いです。

演出、ちょっと風変わりな心情描写に癖がありますが、作品にはあっています。

シナリオ、原作通りということで。

[結論]

1期の雰囲気そのままに、問題なくお勧めです。

アニメ感想「いぬやしき」(MAPPA)

フジTV(木)24:55

マンガ原作のアニメ化。じじい。

作画は3DCGベースかな。手書き部分があるのかな? アクション部分はカット割りの工夫もあって迫力あります。

音楽、手堅い仕上がりでした。

演出、緩急のある見せ方で良いと思います。

シナリオ、結構丁寧にじじいの心情を見せてきますね。

[結論]

いやー、じじい主人公の謎ストーリーですが、なかなか良い出来な気がします。

アニメ感想「僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件」(ディオメディア×スタジオブラン)

東京MX(水)25:05

マンガ原作のアニメ化。恋愛ちょいエロ。

作画は水準を下回る感じ。動画はやや変です。

音楽は特に印象に残る感じではなく。

演出、やや細切れ感がありますね。元は4コマだったんでしょうか。

シナリオ、基本的には下ネタっぽいです。

[結論]

キャラが気にいるなら見て損はないかも。ちょっと下品な感じなのが鼻につきますが。