雨谷の日和

過去15年で1,900を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

アニメ感想「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」(タツノコプロ)

テレ東(月) 25:35

ゲーム原作のアニメ化のスピンオフの劇場版の続編。ややこしいなぁ。アイドル。

作画は水準をクリア、舞台アクションは3DCGメインでかなり派手なエフェクト満載です。

音楽は手堅い仕上がりで安心感あります。

演出、視聴者視点のサービスコーナーがあったりと、独特です。

シナリオ、基本的にはアイドルテンプレかな。

[結論]

きらきらな画面と魅力的なキャラ満載な作品です。キャラが気にいるなら見て損はないかと。

アニメ感想「さらざんまい」(MAPPA × ラパントラック)

フジTV(木) 24:55

オリジナル企画。人間模様。

作画は水準を大きくクリア、細やかかつ大胆なスタイリッシュ動画が見ものです。爽快です。

音楽は雰囲気が良いですね。特にアクションシーンで絵面とリズムが交差する感覚は独特です。

演出、個性的でカッコいい場面が怒涛のように浴びせられる感じ。凄いの一言です。

シナリオ、もう全く意味不明で頭を抱えるしか。

[結論]

カッパが尻子玉で欲望を浄化したら知られたくない秘部が白日のもとに、という何がなんだか分からないことになってますが、私は大好きです。はい。

アニメ感想「賢者の孫」(SILVER LINK.)

東京MX(木) 23:30

ラノベ原作のアニメ化。異世界転生無双。

作画は水準をクリア、動画はよく動いています。

音楽は手堅い仕上がりでした。

演出、コンパクトでテンポが良いですね。

シナリオ、ややコメディ寄りでしょうか。

[結論]

テンプレ的な無双ストーリーでサクサク進行でストレスレスです。

アニメ感想「キャロル&チューズデイ」(ボンズ)

フジTV(水) 24:55

オリジナル企画。音楽。

作画は水準を大きくクリア、細やかな所作と美麗な背景、飽きさせないカット割りと、パーフェクトな画面でした。贅沢だなぁ。

音楽はクリアで丁寧な作り。しっとりとした場面にはしっとりと、明るい場面にはポップな曲調という基本を押さえつつ、しかも劇中BGMはAIが作っているという設定に合わせて違和感のある雑さを入れてあったり。出色なのは主人公2人の初セッション、何もないところからメロディがだんだんと繋がり、そして歌詞に至るその過程を音だけで表現するとか、まじパねぇことしてます。これは監督のセンスですね。すごい。

演出、ということで作画と音楽に120%盛り込まれていて、過剰な何かは必要ないのですが、場面のつなぎとか色合いの変え方とか、そもそもの演出は全てちゃんとしています。見ていて安定感がある。

シナリオ、基本を押さえた良脚本だと思います。ナレーションで未来を暗示させる点は、やや減点ですが。

[結論]

音楽というものに向き合う作品なのでしょうか。遠い未来の火星、そこでのエンターテインメントは全てAIが作ったものを合理的なプロデュースで流行にし、利益が生まれていく。アーティストはAIと合理性を包み隠すためのマリオネットを求められるだけの存在と成り下がっている。芸術はどこに。一方で、町外れの片隅で出会った少女たちは何もないところから音楽を紡ぎ始める。いやー。これ、アニメ作品としての完成度の高さもさることながら、お話そのものも期待感が凄いですね。しかもこれだけの導入をたったの30分でやり切ってしまうとか。これ、2クールらしいんですけど、この先どこまで描くつもりなのかむしろ逆にそこが心配になります。ナベシンを信じるしかないのか。ボンズさすがなのか。

オススメです。

アニメ感想「世話やきキツネの仙狐さん」(動画工房)

東京MX(水) 23:30

マンガ原作のアニメ化。癒し。

作画は水準レベル。動画も普通です。

音楽は特に印象に残る感じではなく。

演出、淡々としていますね。

シナリオ、淡々としていますね。

[結論]

淡々と癒しを謳うなんだか謎のお話でした。ケモミミ枠のキャラが気にいるなら見て損はないかも。