雨谷の日和

過去15年で1,900を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2019年04月期中間時感想

いやはや、令和令和で初夏盛り過ぎの暑さには参りましたね。梅雨も近い今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

それはともかく、アニメの感想です。

[2019年04月期](中間時)

01.→ 進撃の巨人 Season3 第2期
02.→ キャロル&チューズデイ
03.→ ワンパンマン 第2期
04.→ 鬼滅の刃
05.→ さらざんまい
06.◎ 続・終物語
07.↓ どろろ
08.↓ 盾の勇者の成り上がり
09.↓ フルーツバスケット 新作
10.↓ なんでここに先生が!?
11.↓ ぼくたちは勉強ができない
12.↓ からくりサーカス
13.↓ ブラッククローバー
14.↓ 世話やきキツネの仙狐さん
15.↓ 異世界かるてっと
16.↓ ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!
17.↓ Fairy gone フェアリーゴーン
18.↓ 賢者の孫

進撃の巨人 Season 3 【メーカー特典あり】 Kiss Me/Hold Me Now(CD)(窪之内英策描き下ろしジャケットステッカー~10cm角~付) ワンパンマン 第2期

進撃の巨人、鎧の巨人に獣の巨人、そして何と言っても超大型巨人と敵性巨人揃い踏みで迫力満点のバトルは凄まじいの一言ですね。想像力を刺激されまくりです。超大型の重量感ある動きとか、作画にも気合い入っていて魅入ってしまいますね。そんな中で主人公たちや隊長の苦渋の選択とその結果としての突破、いやー、これは本当に最高のエンターテインメントですね。感服以外の感想が思い浮かびません。さて、この先一体どうなるんでしょう。楽しみしかない。

キャロル&チューズデイ、色々と苦難の道があったりとかするのかと思いきや、当の本人たちはそんなに肩肘張ることもなく、身の丈の創作を楽しんでいる感じなのが良いですね。その自然体な日常の脇で着々とスターダムへの道が敷かれていくというか。乗っけられた風味のベルトコンベア、しかし彼女たちは特に物怖じすることもなく音楽に向き合っているというか。それにしてもトーナメント戦、他の出演者も個性的で見ていて楽しいですね。

ワンパンマン、怪人たちの大逆襲といった外界の雰囲気とはまた違って、武道大会の方は盛り上がることもなくあっさり終了。まあ、最後サイタマさんがちょっと見所作りましたけど、そこも本気というわけではないですし。それよりもその後の展開がいいですね。今まで怪人を舐めきっていた人物が本気の敗北を経てヒーローを求めるという。王道ですがその描き込みがすごいです。颯爽と登場するハゲマントさんがかっこよすぎて孕みそう。おホォ。

鬼滅の刃、いやいやちょっとちょっと、主人公ってかなり強くないっすかね? 初戦で苦戦も特になく比較的あっさり鬼を撃破とか。しかもその鬼、明らかに変な術を使うタイプの強目のやつでしたよね。そして登場するラスボス感たっぷりの敵。人間社会の中に溶け込まれると厄介ですよね。それにしても主人公の嗅覚とか便利すぎますね。人混みでも鬼見分けるとか、まずは便利スキルすぎてチートかと思いました。面白いです。

さらざんまい、こ、この作品はなかなかえぐってきますね。さすがはカントク。三者三様の愛というか、自己愛、恋愛、家族愛といった趣の組み合わせでしょうか。しかしその愛の裏側は実はどす黒い愛憎渦巻く茶番劇が、というのが毎回毎回のテーマとしてグイグイ突き進んでくるこの感覚、いやー、独特ですね。でもストーリーとしてはちゃんと成り立っていて、しかもちゃんと伏線張って回収してステージ上がっていくという手堅さがニクい。楽しい。

続・終物語、ファンディスク感たっぷりのこのシリーズ、まあ、おまけ映像を楽しむ感覚で見ています。

鬼滅の刃 フルーツバスケット 1st season 続・終物語

どろろ、ダイゴの里との決定的な決別状態、しかし百鬼丸は自身の肉体を取り戻すために鬼神との戦いを求めてダイゴへと向かう、そんなところでしょうかね。どろろへの執着のようなものも垣間見えるようになってもいますし、互いに互いを必要な存在として意識し始めたということでしょうか。恋ですねぇ。しかし、凄惨なこの世界での彼らの結末やいかに。暗い未来しか見えないですがさて。

盾の勇者、おー、ようやく冤罪問題解決で、王様と王女に断罪が。スッキリしましたね、と言いたいところですが、三勇教に全てを押し付けて女王の権威で解決というのはややすっきり感が減った感じがしますね。もうちょっと主人公の知恵とか勇気とかでなんとかならなかったんでしょうか。あと、他の三勇者って、実質何もしてないよね。うーん。大団円をすでにやりきってしまった感ありますが、この後どうなるんだろう。

フルーツバスケット、透ちゃんマジ天使。TMT。ソウマのお家の正月ぶっちぎって、この後アキトさんブチギレな気もしないではないですが、皆さんの無事を祈るばかりです。

なんでここに先生、あっちもこっちも不謹慎なセンセイばかりであったまおっかしぃことこの上ないですね!(褒め言葉)エロシチュエーションの無理矢理感が毎回毎回アフォかと思うようなことになっていて大変です。その体勢からそうなるんかいっ!と毎回ツッコミに忙しいというか。楽しいです。

ぼくたちは勉強、おっと幼馴染が自爆で滑り台を直下降ですかねっ! 幼馴染一番恋愛してて傍目にかなり可愛いんですけどね。この先、ここからなんでここに先生がっぽい展開になると聞いているんですが、まだですか。センセイの出番とか。もしかして今期はスルーですか。

からくりサーカス、ようやく再開したシロガネとナルミ兄ちゃんですが、一途な想いを告げることもなく、宇宙への旅路を一歩一歩進んでいく感じ、切ないですね。それにしても次々と敵が襲ってきて順々に仲間たちが退場していくというのは物語の終盤感満載で盛り上がりますね。さて、この結末やいかに。

なんでここに先生が!? <もっとたゆたゆver.> からくりサーカス ブラッククローバー

ブラッククローバー天下一武道会、完☆結! まあ、主人公は残念なことになりましたが、ユノさんの本気モード大炸裂で楽しかったですね。結局いわくありげだった金色の副団長さんは何がしたかったんや……。

世話やきキツネ、癒し全振り。スーパー癒されタイム。

異世界かるてっと、エミリアさんが何も知らない感じのキャラになってて吹く。それにしても困ったらアインズ勢を絡ませて、笑わせる時はこのすば勢に頼るというワンパターン感はどうにかならないですかね。まあ、面白いからいいけど。幼女チームの空気さ加減もなんとかしてあげたい。水着回でなんとかなるのか?

ストライクウィッチーズ、ハルトマンさん頼みのウィッチーズですね。戦闘だけでなく、コメディでもエースを張るとはさすがハルトマンさんですよ。

フェアリーゴーン、うーん、新型に細工して式典で暗殺とかするぜひゃっほーいといった感じですかね? 要約すると。今ひとつ妖精の強さがわかりにくいのと、結局妖精の戦闘能力だけでは決着つかないので銃の腕とかがものを言うところとか、あと妖精って要するに戦術兵器でしかないから政治的な話で何か役立つわけでもなく、なかなかお話作りには難しい世界観でもやっとしますね。

賢者の孫、バカっぽいままアフォっぽいお話が進行しています。まあ、深く考えるのはやめよう。

世話やきキツネの仙狐さん 異世界かるてっと Fairy gone フェアリーゴーン

こんな感じでしょうか。

アニメ感想「続・終物語」(シャフト)

東京MX(土) 24:00

小説原作のアニメ化、第何期だろう? 妖怪譚。

作画は水準を大きくクリア、独特のデザインセンスな背景と、細部だけに細やかな動画はシリーズの特色になってますね。

音楽は手堅い仕上がりです。

演出、独特のコマ割りとカメラワークは健在。

シナリオ、基本的にはおまけストーリーのようですね。微妙にメタネタも交えつつのようですし。

[結論]

シリーズのファンには問題なくオススメです。ファンディスクっぽさあります。

2019年04月期開始時感想

一通り新番組を確認し終わったので、まとめておきます。

まずは新番組の個人的順位から。

進撃の巨人 Season3 第2期
キャロル&チューズデイ
ワンパンマン 第2期
鬼滅の刃
さらざんまい
フルーツバスケット 新作
なんでここに先生が!?
ぼくたちは勉強ができない
世話やきキツネの仙狐さん
異世界かるてっと
ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!
Fairy gone フェアリーゴーン
賢者の孫
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-
この世の果てで恋を唄う少女YU-NO
消滅都市
ノブナガ先生の幼な妻
超可動ガール1/6
MIX
八月のシンデレラナイン
八十亀ちゃんかんさつにっき
群青のマグメル
真夜中のオカルト公務員
RobiHachi
みだらな青ちゃんは勉強ができない
なむあみだ仏っ!蓮台 UTENA
ひとりぼっちの○○生活
川柳少女
女子かう生
爆丸バトルプラネット
洗い屋さん!〜俺とアイツが女湯で!?〜
この音とまれ! 第1期
けだまのゴンじろー
パウ・パトロール -PAW PATROL-
フリージ
シーサイド荘のアクアっ娘

進撃の巨人 Season 3 【メーカー特典あり】 Kiss Me/Hold Me Now(CD)(窪之内英策描き下ろしジャケットステッカー~10cm角~付) ワンパンマン 第2期

進撃の巨人からワンパンマンあたりまでがお勧め、KING OF PRISM くらいまでがお好みラインでしょうかね? それより下はマニアックゾーンということで。 続編ものが強いですが、オリジナル企画も大型なものがある印象な今期ですかね。

さて、この結果から、今期の視聴リストは以下のような感じに。

[2019年04月期](開始時)

01.◎ 進撃の巨人 Season3 第2期
02.◎ キャロル&チューズデイ
03.◎ ワンパンマン 第2期
04.◎ 鬼滅の刃
05.◎ さらざんまい
06.↓ どろろ
07.↑ 盾の勇者の成り上がり
08.◎ フルーツバスケット 新作
09.◎ なんでここに先生が!?
10.◎ ぼくたちは勉強ができない
11.↑ からくりサーカス
12.↑ ブラッククローバー
13.◎ 世話やきキツネの仙狐さん
14.◎ 異世界かるてっと
15.◎ ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!
16.◎ Fairy gone フェアリーゴーン
17.◎ 賢者の孫

進撃の巨人、いやはや初っ端からクライマックスで素晴らしいです。放送スケジュールの都合で4月末から開始なんですが、クオリティとかは他を圧倒していますね。しかもシリーズも一番盛り上がると評判のウォールマリア奪還戦ですし。アニメもかなり気合の入った作りで大満足です。さて、この先やいかに。

キャロル&チューズデイ、ささやかな出会いから始まった2人の音楽活動、早速それに目を付ける周辺という構図はいいですね。近年の動画投稿やSNSでの広がりという持って行き方は定型的です。まあ、それだと火星設定はなんなんだ、という気もしないではないですが、ヒロインの1人の家族が政治家だったりするので、そこらへんの世界観とのリンクも今後徐々に語られるんでしょうか。火星といえば止まるんじゃねぇぞエンドなトラウマもあるのですが、それだけは勘弁してもらいたいという気もしますが。

ワンパンマン、制作会社が変わって作画を心配する声もありましたが、特に問題ない感じです。今期はガロウさん大活躍と聞いていたんですが、今のところそれほどの脅威と思われる感じでもなく。それともここからの大逆襲とかあるんでしょうか。それとも一度サイドストーリーに行ってからの再襲来とか? とにかくワンパンマンはコメディとシリアスのバランスというか、作品の個性が好きなので楽しんでいます。

鬼滅の刃 さらざんまい(FOD) どろろ

鬼滅の刃、うわー、この戦闘の描き方というか、浮世絵のような独特のエフェクトは凄いですね。超作画といった感じではないのですが、戦闘時の緩急、見せるところと見せないで表現するところの使い分けが実に巧みで引き込まれます。キャラの性格も今風で好感持てますし。しかしまあ、ウロコダキさんとの因縁の鬼という残酷な設定は考えた人かなりアレな感じです。もしかしてこの作品の世界観とか、かなり残酷モノ寄りだったりするんでしょうか。最近のジャンプ作品はネバーランドといい、残酷方向に寄ってきていたりします?

さらざんまい、もうね、ユリ熊嵐で濃厚な愛を見てしまったかと思ったら、今度はBL全振りですよ。あったまおっかしぃんじゃないの?(褒め言葉)。あいかわらずのキレッキレな演出と、一見意味不明なシーンの連続が、しかし一つの心象を描き出すという監督の手法は本当に真似のできない唯一無二のものという感じがします。レビュースタぁなんとかとかその表面上の手法だけ真似た作品もありましたが、やはりホンモノは格が違う、キレ味が違う。

どろろ、第2クールに入ってからも二人旅、ダイゴの国から逃げ出して、そろそろ会話も成り立つようになった百鬼丸です。どろろにも思うところがあるのか仲違いがあったりもして、この先が心配です。さて、旅の行方はいかに。

盾の勇者の成り上がり フルーツバスケット 1st season なんでここに先生が!?<もっとたゆたゆver.>

盾の勇者の成り上がり亜人さんへの仕打ちが酷すぎませんかね。なんというか、亜人や盾の勇者に対し、因縁のある国だったというのが背景にあるようなんですが、まだその真相が語られていないので今ひとつ納得感のないまま進んでいます。どうも他の国でもナミは来ているようで、そちらには勇者が行っていないので酷いことになっているということのようなんですが、勇者がいない国ではヤラレっぱなしということなんですかね? なんだか残酷な世界観ではあります。それも含めての解決は提示されるんでしょうか。

フルーツバスケット、今や古典とも呼べる名作のリメイクですね。過去にアニメ化された時は原作未完で、最後はアニメオリジナルでなんとなく真相を匂わせて終わった感じだったと思いますが、今回は最後まで行くんでしょうか。主人公の声とかどうしても過去作と比較してしまうのですが、過去作の丁寧さは今思い返してもかなりの水準だったので、見劣りするのは仕方ない気はします。今作も丁寧な作りにはなっているんですけどね。

なんでここに先生が、エロ全振りの作品なんですが、この位置に。いや、本当ならこんな高位置に来るような内容でもないんですが、どうにもセンセイの恋心が可憐すぎてきゅんきゅんします。エロない方が気兼ねなく萌えられるんですがそれだとこの作品の良さも殺してしまう気もするので、難しいですね。とりあえず鬼のコジマセンセイ編は終了なんですかね。次のセンセイにも期待で膨らみまくりです。

ぼくたちは勉強ができない からくりサーカス ブラッククローバー

ぼくたちは勉強ができない、ハーレムモノにしてはかなり大人しめな本作品。勉強関連のアレコレも特に特徴的という訳でもなく、ヒロインの悩み相談とかがあるわけでもなく、ちょいエロシチュエーションがバンバンというわけでもないので、やや見所に困る感じではあります。うーん。ウルカさんだけは恋心どストレートで分かりやすいんですけどね。文系ちゃんも理系ちゃんも主人公のことを好きというわけではなさそうなので、ちょっと物足りない感じはします。まあ、原作のファンの方に言わせるとセンセイが出てきてからは本番ということなので、実質なんでここに先生が状態ということなのかも知れませんが。

からくりサーカス、造物主編になってから、各方面の今までの登場人物が総力戦ですね。まだ本命のカトウさんが敵陣に到着していないのですが。それにしてもフェイスレスさんはダウンロードとかいう意味不明なことにこだわりすぎじゃないですかね。まあ、そういう歪んだ野望を楽しむ作品ということなんだとは思うんですが。行動原理に無茶があるのでキャラがおかしなことに。

ブラッククローバー、盛り上がってまいりました天下一武道会。空間魔法兄弟の兄弟対決も決着し、さてさてこの先ちゃんと武道会続けてくれるんでしょうか。なんとなく敵の匂いも漂ってくる印象ですが、武道会はちゃんと最後まで決着させないとダメですよ。途中で白夜の魔眼さん乱入とかでうやむやにするようだと、なんだかんなーになっちゃいますしね。

世話やきキツネの仙狐さん 異世界かるてっと ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!

世話やきキツネの仙狐さん、癒し全振りの本作品、仙狐さんを愛でるだけの時間が心地よいわけです。スーパー仙狐さんタイムとか分かっているサービスまで付いているとか、全方位に癒しです。ありがとうございます。

異世界かるてっと、異世界転生の各作品をごっちゃ煮にしたコメディ作品ですが、各キャラの個性に頼っているだけの作品のような気もしないではないです。何しろアクア様は喋るだけで笑えるからな。幼女戦記のキャラはデグレチャフさん以外は空気だしな。意外とRe:ゼロ勢は喋るとうざいということも分かった。さて、出オチ期間がそろそろ過ぎて、ここからはなんらかの展開がないと辛い感じですが、どうするんでしょうね。

ストライクウィッチーズ、501小隊の面々が延々日常系でコメディやるという本作品、ハルトマンさんのだらしなさとか、ミーナさんのお料理スキルとかの笑いどころに頼りきりな気もしないではないです。それともこの後、なんらか各キャラの掘り下げがあるんでしょうか。ルッキーニとシャーロットとか、ほぼセット状態で賑やかしにしかなってないしな。

Fairy gone フェアリーゴーン 賢者の孫

Fairy gone、色々と思わせぶりな展開が続くものの、どうもお話がわかりにくくて困っている本作品。アニメとしての出来は悪くないんですが、お話が良く分からないのでイマイチ楽しめないで来ています。今後に期待。

賢者の孫、かなりテキトーな俺ツエー設定はスマホ太郎に似たものを感じます。エンチャントとか、漢字で書けば文字制限ギリギリまで効果盛り込めるよね、とか。ツイッターの文字数制限だと漢字圏有利とかそういう話で無双するというのは頭悪くて大好きです。話もかなりテキトーで、魔人の設定とか「新世界より」の悪鬼を思わせる内容だったりもするんですが単なる引き立て役でしかないとかまあ、本当にテキトーです。

こんな感じで。

アニメ感想「進撃の巨人 Season3 第2期」(WIT STUDIO)

総合TV(日) 24:10

マンガ原作のアニメ化。第3期の後半。アクション。

作画は水準を大きくクリア、動画も実によく動いています。

音楽はシリーズの雰囲気をそのままに手堅い仕上がりです。音響も迫力満点で引き込まれますね。

演出、コンパクトで小気味よく、しかも緩急のある進みでした。

シナリオ、これは折り紙つきの内容で見応えあります。

[結論]

文句なしのオススメです。シリーズのクライマックスなのでファンは必見かと。

アニメ感想「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」(タツノコプロ)

テレ東(月) 25:35

ゲーム原作のアニメ化のスピンオフの劇場版の続編。ややこしいなぁ。アイドル。

作画は水準をクリア、舞台アクションは3DCGメインでかなり派手なエフェクト満載です。

音楽は手堅い仕上がりで安心感あります。

演出、視聴者視点のサービスコーナーがあったりと、独特です。

シナリオ、基本的にはアイドルテンプレかな。

[結論]

きらきらな画面と魅力的なキャラ満載な作品です。キャラが気にいるなら見て損はないかと。