雨谷の日和

過去12年で1,600を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2010年07月期終了時感想

はい、ようやく秋めいて夏のアニメも終わりです。
感想を書いておきます。

[2010年07月期](終了時)
01.→ ストライクウィッチーズ2
02.→ 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
03.→ スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ
04.→ みつどもえ
05.→ 刀語
06.→ 会長はメイド様!
07.→ 屍鬼
08.→ ハートキャッチプリキュア!
09.→ 世紀末オカルト学院
10.→ ギャグマンガ日和+
11.→ イナズマイレブン
12.→ けいおん!!
13.→ こばと。
14.→ HEROMAN
15.→ 祝福のカンパネラ

ストライクウィッチーズ、最後までエンタテインメントに徹した造りでしたね。ただ、謎とか伏線とかその辺をかなり投げっぱなしで、主人公がフェードアウトというのは少々残念ではありました。世界観的に、他の部隊で続編、というのもアリなので、今後はそうするのでしょうか。でも、色々と制作経緯のあった作品なので、続編続編と呑気に期待できるわけでもないですしね。
HOTD、この作品の何気に良く出来ている点は、自分たちの日常というものがいかに組織立った助け合いによって成り立っていたか、そしてその組織が崩れると1〜2日という短期間のうちにいかに立ち行かなくなるものであるか、というところに一定のフォーカスを当てていたところでしょうか。最初は非日常の出現による状況説明、それから個人レベルでの価値観の崩壊と適応、小集団での新しい価値観形成と異集団間の軋轢、中規模集団の中の認識相違から来るリスク、より大規模な思惑によるブラックスワン…とまあ、こういった順序でだんだんと大風呂敷を広げたところで、今期は終わりということでした。まあ、世界観的には風呂敷を広げきったので、ここで終わるのも自然かも知れません。続編には期待したいところですが…どうかなぁ。
スターウォーズ、アメリカの作品って、ある日淡々と終了するからびっくりするね。それにしてもアナキンとパドメがラブラブ過ぎて吹く。おまえらのせいで共和国は滅ぶというのになー。
みつどもえ、なんというか、勢いだけの素晴らしい作品でした。原作がよろしいですね。作者が好き勝手やってそうで好感です。アニメもその原作をかなり熟知した上での吹っ切れ振りでよかったです。
刀語、はい、11本目も登場しましたね。鳳凰さんがだんだんラストボスという気がしてきました。不忍さんは既にその強さを発揮してしまいましたからね…恐らく噛ませ犬だろうなーと。
メイド様、なんというか、最終回のデレっぷりはいけませんよええいけません。会長がひたすら可愛い作品でした。
屍鬼、えーと、10月半ばまで3週間お休みとか、ノイタミナ枠の2クール作品はどんだけお殿様だよ、と。というかフジテレビは番組の編成とか、もう少しちゃんとしてください。前もなんか変な枠やってたし。作品自体は、これから起き上がりとの戦い、といった風情で盛り上がってまいりました的な感じですね。
プリキュア、ムーンライト様、復☆活。ムーンライトの声の人は元セーラーマーキュリーなんですね。そう考えるとなかなか色々と趣深いキャスティングです。さて、この先の盛り上がりに期待。そろそろ年末商戦も間近ですし。
オカルト学院、良い最終回でした。中盤、かなり中だるみしましたし、そもそもオカルトというネタからするとかなりライトでチープな印象だったので順位は下げましたが。ヘタレ文明が最後でアレというのはちょっと唐突ですしね。救いも微妙だし…。
ギャグマンガ日和、楽しかったです。
イナズマイレブン、なんというか、RCシュートとかフェイクボンバーとか、だんだんサッカーじゃなくなっていく、そんな展開にびっくりです。RCシュートなんて、ラジコン操作でほとんど反則だと思うんですが…。一般募集での採用技とのことで、小学生の発想というのは凄いものだと、ということで。
けいおん、原作の方も完全終了ということで、最後に告知された劇場版がラストプロダクトになるんでしょうか。ゆるゆるな日常アニメでした。
こばと、最後の最後で救いが来ましたね。CLAMPにしては珍しくハッピーエンド?あれだけこだわっていた保育園を諦めると、とたんに色々と道が開けるとか、結構自縄自縛こそ悪者というような斜めな価値観ではありました。ちょっと筋立てとしては分りにくいかも、ですね。世界観暗いし。
HEROMAN、あー、結局宇宙人が復活してそれをぶっ殺しちゃうと。伏線とかいちおう貼ってありましたが、かなり回収が適当でしたね。ドクターミナミとか本当に要らない子でした。ウィルとか、結局撹乱要素でしか無かったし…。なんだったんだ。
カンパネラ、アニエス可愛かったよアニエス。


そんな感じで。かなりの作品が最終回を迎えてしまいましたが、10月開始の作品に期待したいと思ってます。