雨谷の日和

過去16年で2,100を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2011年01月期終了時感想

2011/03/11の東北地方太平洋沖地震被災された方に、謹んでお見舞い申し上げます。
首都圏在住ですので私自身も計画停電の渦中にありますが、幸い身の回りに被害はありませんでした。
私は私の持ち場にて、微力ながら復興の志をともにする所存です。


アニメ視聴の方も、少しばかりですが震災の影響を受けました。
予定通りの日程では最終回を迎えられそうにない作品もありますが、記録という意味で感想を残しておこうと思います。

[2011年01月期](終了時)
01.↑ STAR DRIVER 輝きのタクト
02.↑ 放浪息子
03.↑ バクマン。
04.↑ レベルE
05.↑ 魔法少女まどか★マギカ
06.→ 君に届け 2ND SEASON
07.→ とある魔術の禁書目録II
08.→ GOSICK -ゴシック-
09.→ みつどもえ 増量中!
10.↑ イナズマイレブン
11.↑ これはゾンビですか?
12.↑ フラクタル
13.↑ 夢喰いメリー



STAR DRIVER、王道的な展開とちょっと変わった味わいの見せ方、設定先行のガチガチな作品かと思いきや、実はスタッフがノリノリっぽいという、色々と楽しめた作品でした。また、アニメとしてのクオリティは安心のボンズで良かったです。
放浪息子、作画・音楽・演出、アニメとしての要素は全て一級という素晴らしい作品でした。キャラそれぞれの心情の描き方も丁寧で良いです。ただ、シナリオの内容がやや私好みでは無かったので、この位置に。
バクマン、やはりこの作品はシナリオが良いですね。楽しいです。まだ続くみたいなので、今後も楽しみです。
レベルE、色々とアニメならではの要素を盛り込みつつ、原作の良さを表現しようというスタッフの努力には頭が下がります。何しろ原作は、原作ならではの表現手法がてんこ盛りですからね…。もう少し尺を掛けてじっくりとした作品にしても良かったような気は個人的にしますが、それはそれで間がもたないかな…とも思います。
まどか★マギカ、どうやら「ファウスト」をモチーフにした脚本だったようです。舞台はループモノのようですが、物語にループ性を持たせるかどうかはまだ分からないという、面白い脚本にしましたね。アニメスタッフも脚本の中身を十分に理解した上で組み立てているので、演出との連携がとても緻密です。素晴らしい。ただ、今期内に終る予定が、来期に延びたのは残念です。災害なので仕方ないですが。
君に届け、結局、キンパツヤローはなんだったんでしょうね。単なるおせっかい野郎だったのかな。シナリオに必然性が感じられない、結局は主人公の心情の掘り込みのために数合わせでキャラ増やしたりという印象でしたね。作画や雰囲気はとても良いだけに、シナリオの残念さが惜しいというか。
禁書目録、いやはや、中二病も突き抜けてきましたね。地球の自転を遅らせる攻撃とか、音速で移動する人とか、バカバカしくて目も当てられません良い意味で。初期の雑然とした感じがあまり好きではなかったのですが、しかしその雑然さをなんとかするわけでなく、取り散らかったものをそのまま更に風呂敷を広げてしまうというその潔さには頭が下がります。これもまた一芸か。それはそうと、主人公の説教は健在でしたね。半年間、楽しかったです。
ゴシック、いまいち推理パートが微妙(というか、ミエミエ)なので、どうしたものか。二人の間の心情描写もいまいちなのでどうしたものか。作画とかその辺のアニメとしてのクオリティはさすがのボンズで安心なんですが。
みつどもえ、安心安全の変態アニメでしたね。面白かったです。
イナズマイレブンFFIの最終戦ですね。盛り上がって参りました。
ゾンビですか、まあ、無駄なシリアスパートは微妙ですよね。中二病的な設定も実はどうでも良くて、キャラ被りとかもまあ、気にしない感じで、ギャグの勢いだけは楽しいです。
フラクタル、色々と好きな作品を切り貼りしてみました的な胡散臭さと脚本から漂う上から目線の「どや」顔の気持ち悪さ説教臭さで言えば、この作品はとびきりの一番かも知れません。面白くないけど。
メリー、いやはや、色々と意味が分からないよ。メリー他ヒロインが可愛いので許す。


4月からの新番組もチェックせねば。ねばねば。