雨谷の日和

過去12年で1,600を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2017年07月期開始時感想

一通り新番組を確認し終わったので、まとめておきます。 まずは新番組の個人的順位から。

メイドインアビス
賭ケグルイ
ナイツ&マジック
プリンセス・プリンシパル
ボールルームへようこそ
ゲーマーズ!
ようこそ実力至上主義の教室へ
はじめてのギャル
恋と嘘
NEW GAME!! (第2期)
ナナマル サンバツ
Fate/Apocrypha
アクションヒロイン チアフルーツ
RWBY Volume 1-3: The Beginning
異世界食堂
アホガール
異世界はスマートフォンとともに。
天使の3P!
将国のアルタイル
徒然チルドレン
活劇/刀剣乱舞
バチカン奇跡調査官
魔法陣グルグル -MAGICAL CIRCLE-
最遊記RELOAD BLAST
DIVE!!
バトルガール ハイスクール
ひなろじ 〜from Luck & Logic〜
妖怪アパートの幽雅な日常
捏造トラップ -NTR-
時間の支配者
ノラと皇女と野良猫ハート
カイトアンサ
イケメン戦国 時をかけるが恋は始まらない
無責任ギャラクシー☆タイラー
セントールの悩み
コンビニカレシ
ひとりじめマイヒーロー
スカートの中はケダモノでした
縁結びの妖狐ちゃん
THE REFLECTION WAVE ONE
ラファンドール国物語
潔癖男子!青山くん
クリオネの灯り
18if

メイドインアビス Blu-ray BOX 上巻 賭ケグルイ Blu-ray 1(イベント優先先行受付申込券付)

メイドインアビスからプリンセス・プリンシパルあたりまでがお勧め、NEW GAME!!くらいまでがお好みラインでしょうかね? それより下はマニアックゾーンということで。

ナイツ&マジック 1 [Blu-ray] プリンセス・プリンシパル I (特装限定版) [Blu-ray]

上位陣に続編モノがないというちょっと変わった夏アニメ構成です。どうも今期は続編モノそのものが少ないようではあります。季節柄というやつでしょうか。

さて、この結果から、今期の視聴リストは以下のような感じに。

[2017年07月期](開始時)
01. ◎ メイドインアビス
02.↑ 神撃のバハムート VIRGIN SOUL (第2期)
03.↑ 僕のヒーローアカデミア 第2期
04. ◎ 賭ケグルイ
05. ◎ ナイツ&マジック
06. ◎ プリンセス・プリンシパル
07. ◎ ボールルームへようこそ
08. ◎ ゲーマーズ!
09. ◎ ようこそ実力至上主義の教室へ
10. ◎ はじめてのギャル
11. ◎ 恋と嘘
12. ◎ NEW GAME!! (第2期)
13. ◎ ナナマル サンバツ
14. ◎ Fate/Apocrypha
15. ◎ アクションヒロイン チアフルーツ
16. ◎ RWBY Volume 1-3: The Beginning
17.↓ サクラクエスト
18. ◎ 異世界食堂
19.↓ 信長の忍び 第2期
20. ◎ アホガール
21. ◎ 異世界はスマートフォンとともに。

メイドインアビス、わくわくの冒険感ということでは近年群を抜いて素晴らしいこの作品、背景の異世界感もとても心地よいです。そしておそらくこの先は阿鼻叫喚な展開も待っていることを予感させる設定と伏線の数々。キャラクターが前向きな性格だけに、それが救いですなーということにならないことを祈ります。世界は残酷だったりするから油断なりません。

神撃のバハムート、いよいよ後半戦、今後は王様の内面と真の目的といったものが明らかになっていくんでしょうか。ルシフェルさんは傍観を決め込んでいるようですが、そのうち絡んできたりするんでしょうかね? いまのところアザゼルっちだけがなんとも道化っぽい立ち回りですが。そしてジャンヌさんの天下りですよ。この先が楽しみですね。

僕のヒーローアカデミア、ヒーロー殺しとの因縁にかなり話数を割きましたね。お話自体は面白かったのですが、ヒーロー事務所での現地訓練感があまり出なかったのは惜しい感じがします。食戟のソーマとどうしても比べてしまうのですが、職場体験のトピックとしてはあっちの方がそれっぽかったですしね。まあ、ヒーローという話題の多面性がお話を散漫にしがちなのかもしれません。

神撃のバハムート VIRGIN SOUL I(初回限定版) [Blu-ray] 「僕のヒーローアカデミア」2nd Vol.2(初回生産限定版) [DVD]

賭ケグルイ、いやはや、登場人物がどいつもこいつもイカサマ野郎で笑ってしまいます。とりあえず勝負事ではイカサマ前提ということのようですので、今後ともそういうネタを楽しませてくれるということでしょうかね。というか、早乙女さんってサブヒロインポジションなんでしょうか。ピストル女も別の意味でサブヒロインなんでしょうか。作者の趣向が明後日すぎてめまいがします。楽しいです。

ナイツ&マジック、基本的に主人公TUEEEEなのですが、いちいちそこに主人公のロボへの熱愛ぶりがはさまるので「ま、いっか」という落ち着き方をするところがこの作品の魅力でしょうか。公爵さんにロボのプレゼンテーションをするところとか、まんま技術者の独りよがりな独演会で笑ってしまいます。わかる。その気持ちわかる。

プリンセス・プリンシパル、姫様がスパイでスパイが姫様でふたりは幼馴染で名前もそれはそうなっていて……??? なかなか設定から作り込んである感じがしますが、ここからどうなるのかが見どころでしょうか。いまのところ明確な敵も出てきていませんし。姫姫の真の狙いもまだわからないのでなんとも言えませんが、お話全体の暗い雰囲気はちょっとハッピーエンドじゃない何かを予感させてなりません。

【Amazon.co.jp限定】TVアニメ「ボールルームへようこそ」第1巻【Blu-ray】(特典内容未定) ゲーマーズ!第1巻〈初回限定版〉 [Blu-ray] ようこそ実力至上主義の教室へ 第1巻( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]

ボールルームへようこそ、安定のマガジンメソッドですが、主人公が特にいまのところは凄い才能とかを出しているわけではない……と書こうと思ったのですが、一晩中踊り続けていたり、パートナーの影が見えるくらいのシャドーをしてみたりといったところは才能の片鱗なんでしょうかね? ダンスのことはよく分からないのでその意味するところは今ひとつではあります。安定の天才くんポジションのキャラの今後も気になります。

ゲーマーズ!、ゲーム部かんけーねーなー、この話。どちらかというとなぜか主人公にベタ惚れするヒロイン気取りの金髪っ子を愛でるのがお作法でしょうか。まあラブコメポジションにゲーム風味を味付けした感じと思えばいいんでしょう。それにしても高校デビューのイケメンくんの方がなんとなく主人公っぽいのはデフォルト設定でしょうか。心情描写もそっちのが細かいしなー。

ようこそ実力至上主義の教室へ、いろいろとポイントとかを巡る駆け引きを楽しませてくれるという感じのお話のようです。退学者を出さないために結構なリスクをとったように見えますが、それが今後の苦しい展開につながったりするとお話的には完璧ですね。まだABCの敵情がよくわからず、いまだ内部の問題を解決しているだけっぽいところが惜しいですが。

はじめてのギャル、ギャルかわいいよギャル。どちらかというと清純系のメインヒロインですが、なんでギャルやってんすかね? というか、そこらへんがこの作品のキモですかね? というかなんで主人公はモテてんですかね? 疑問符いっぱいですが、ギャルかわいいのでなんでもいいです。キャラの描写がとても良いです。

恋と嘘、設定の出オチ感が凄いこの作品、メインヒロインの謎めいたところがお話を引っ張る感じではあります。というか毎回キスしとるねこの人ら。サブヒロインは主人公のことをどんどん好きになってっちゃってるみたいにしか見えませんが、この先のどろどろ展開しか予想できません。どうなるんでしょう? ホモもいるしな。というか毎回キスしとるねこの人ら。

NEW GAME!!、前期は一つのゲームが出来上がるまでのチームのあれこれっぽい展開でしたが、こんどは次のゲームに向けての企画段階という感じの進み具合になっています。登場人物は今まで通りにそれぞれでちょこまかしていて楽しいです。

はじめてのギャル Blu-ray限定版 第1巻 【Amazon.co.jp限定】恋と嘘 上巻BOX(Blu-ray)(上下巻購入特典:「描き下ろしB2布ポスター」引換シリアルコード付) NEW GAME!! Rank.1( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]

ナナマル サンバツ、競技クイズって、百人一首みたいなものだったんですね……。クイズ好きの次男が食い入るようにみています。問題文のイントネーションでパラレル問題の先読みができるとか、そういうネタに対してちゃんとイントネーションをつけている音響、細やかすぎて鼻血モノでした。聞き返してみたら確かにイントネーションで読み分けてるよ……。ヒロインが棒じゃなければなあ……。

Fate/Apocrypha、毎回「この聖杯戦争は何かが違う」という自問自答が出てくるこの作品、作中だと聖杯戦争は過去に3回しか行われてないと思うんですが、それだと毎回違って当然と思うんですが、もしかして並行世界の第4次、第5次のことを指して違いを述べておられるのかと錯覚しそうですが、しかしそうだとしてもあれらもみんなその時は「何か違う」とか言っていたので、もはや聖杯戦争とは「いつもと違う何か」という定義そのものであると見なせばいいような気がしてきました。お気に入りは「すまないさん」ことジークフリートさまです。死んだけど。

チアフルーツ、いいですね、この王道的な展開とキャラ。そして満を持して投入される元歌手の姉……って、歌そんなにうまくないやんか。大丈夫か。さて、オリジナルのご当地ヒーローはこの先どうなるんでしょうね。楽しみです。

RWBY、キャラがいつもなんというかハイテンションに言い合いをするので現実感が薄いこの作品、でもよく考えるとハリウッドのやつは大抵みんなハイテンションでののしりあいするよね。そうかこれはお作法ですね。分かりました。お話はストレートにアメコミっぽい感じです。学園モノっぽくないのは、われわれがあちらの学園概念を理解できていない可能性が高い。

サクラクエスト、こんどはお祭り再現ネタに突入です。じいさんの意外な(?)過去で昔の恋が花開いたりするのかと思いきやそんなことはなかったぜ。どうもシナリオが平坦方向に行くんですよねー。

異世界食堂、とりあえずAパートとBパートそれぞれで別の異世界住人が料理を食べにくるだけという。そのテンプレの中で異世界住人の小ネタを挟むだけという。淡々としていて、淡々としているだけという。みてて和むので不思議ですが。

ナナマル サンバツ VOL.1 [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】Fate/Apocrypha Blu-ray Disc Box I(メーカー特典:「B3半裁ポスターセット(赤陣営)」「BOXイラスト使用A3タペストリー」付)(オリジナル特典:「描き下ろしB1布ポスター」付)(完全生産限定版) RWBY VOLUME 1-3 Blu-ray SET<初回仕様版>

信長の忍び、やべー! 朝倉・浅井の戦いでの撤退戦がかなりやべー! これ、織田軍相当やばかったんでしょうねー。

アホガール、ヒロインがアホ過ぎてそれだけで15分があっという間にすぎるという謎アニメでした。ほんともう、呆れるくらいアホなんですが作者は大丈夫か。このままアホだけで力押しか。

異世界はスマートフォン、主人公が万能すぎると話題のこの作品、本当に万能だった。スマートフォンとかあまり関係なかった。このあとさらに無双展開とかどうなってしまうんだ……。

こんな感じで。