雨谷の日和

過去16年で2,100を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2012年01月期雑感

ようやく春の足取りも見えてきましたね。それとともに花粉の襲来も始まったようです。
さて、アニメの雑感です。

[2012年01月期](中間時)
01.→ 夏目友人帳 肆
02.→ バクマン。2
03.↑ ちはやふる
04.↑ アクエリオンEVOL
05.→ 妖狐×僕SS
06.↓ 偽物語
07.↓ 仮面ライダーフォーゼ
08.↓ ペルソナ4
09.↑ モーレツ宇宙海賊
10.↓ あの夏で待ってる
11.↓ 輪廻のラグランジェ
12.↓ ラストエグザイル-銀翼のファム-
13.↓ 未来日記
14.→ Another
16.◎ ブラック★ロックシューター
17.↓ ギルティクラウン



夏目友人帳、安定していますね。それにしても、おばあさんキャラの過去回とか誰得なエピソードがあったりして、作品の懐の広さにびっくりです。
バクマン、恋愛模様にはさっさとケリを付けて、今度は自分のやりたいことをやるよー、というフェーズに。ケリをつけるのに結婚というエピソードを使うのは、雑ですけど納得感はありますねぇ。アキノアイコさん、ペンネームがマジ対シュージン向けで笑える。
ちはやふる、タイチキュンマジイケメン、子ども時代のヘタレっぷりからの成長、なのかな。脇を固めるキャラの個性とその成長ぶりも迫力があって良いですね。カナちゃんの凛々しさがだんだん際立つというか。ツクエキュンのクールさがだんだんタイチキュンよりも光ってくるとか。
アクエリオン、ヴァカだヴァカ過ぎる。ムーンライトレクイエム、俺は死ぬ、とか。次の週には普通に生きてるし。脱げば脱ぐほど強くなる、とか。なんですかね、声優さんへの罰ゲーム大会でもやってんすかね。もっとやれ。
妖狐×僕、いちいち女の子が可愛いな。それにしてもヘンタイが多すぎるな。SM判定とか、一発キャラ、なのか?
偽物語化物語のファンディスク、という位置づけに相応しい中身のなさとサービス精神で安心です。もうちょっとお話が面白いとありがたいんですけどね。キャラの個性だけで時間を潰していくのは、まあ、流し見には丁度いいんですが。
フォーゼ、おっと、ようやく幹部が増えましたね。
ペルソナ4、噂の学園祭エピソードが終わり、太陽コミュもゲット、いよいよラストエピソードに突入、と思わせて温泉回とはっ。遊び心がニクイです。
モーレツ宇宙海賊、予想通り、海賊稼業の描写がいちいちよく練られていて面白いです。そりゃそうだよね、伝統芸能化しててもオカシクナイよね…と思わせて、ヘビーなエピソードが始まるというなんという俺得展開。
あの夏で待ってる、あざとい、センパイもカンナちゃんも裸族も幼馴染もみんなあざとい。
輪廻のラグランジュ、だんだんと敵側の事情も明らかになってきている…のかな?いまいち、宇宙人側の事情が描かれないので、戦闘に重みとか、キャラの行動のリアリティとか、そういうところに思い入れできないんですよね。ならば主人公視点で事情を知らない者から見た描写で押し通すのか?と思ったんですがそうでも無いようで。どっちつかずかなぁ。
ラストエグザイル、いよいよ最後の戦いに向けて盛り上がって来ましたよ?裏切ったり騙されたり仲直りしたりと目まぐるしいですけど、まあ、例によってあまり思い入れは、ない。前作の振り返りエピソードを挟んで来たのは何だったんでしょうね。ディーノとアルの紹介くらいにしかなってないんだけど…。うーん。
未来日記、とうとう11thも出てきて勢ぞろいだよ、やったね。ユノっちがユノっちでないとか、なんだか面倒だなぁ。結局は2ndであることに変わりはないんだから、別にユノっちがユナっちでもユニっちでもユネっちでもべつに良いじゃんね。
Another、物語のルール説明までようやく終わりましたね。淡々と進んでいますね。
ブラック★ロックシューター、心象風景らしき世界の戦いと、リアル世界の人情話、これって関連しているんでしょうかね。ちょっとシナリオ的には分りにくいかなぁ。あと、リアル世界の人々が発狂し過ぎている気もします。夢喰いメリーに似た話のような気もしますが、どうでしょうね。
ギルティクラウン、ボキの王のチカラがぁっ。まあ、王というのはチカラだけでなるものではなくて、その輝き、生き様、信念の赴くところに周囲が引きずられる結果であると征服王さんもおっしゃってますし、ここはひとつチカラを失ったことは気にせずに故マツリちゃんもおっしゃってました「優しい王様」とやらに挑戦してみてはいかがでしょうかね。ていうか、このお話の人物が主人公含めてみんなヒドイのでハラハラします。


という感じで。