雨谷の日和

過去16年で2,100を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2011年10月期終了時感想

いよいよ今年も終わりますね。さて、今期の終了時感想をまとめてみました。

[2011年10月期](終了時)
01.→ Fate/Zero
02.→ バクマン。2
03.→ 輪るピングドラム
04.→ ちはやふる
05.→ SUPERNATURAL
06.→ 仮面ライダーフォーゼ
07.→ ペルソナ4
08.→ ラストエグザイル-銀翼のファム-
09.↑ ベン・トー
10.↓ 未来日記
11.↓ 世界一初恋2
12.→ 侵略!?イカ娘
13.→ ギルティクラウン
14.↑ 境界線上のホライゾン
15.↓ 僕は友達が少ない
16.↓ 機動戦士ガンダムAGE



Fate、こ、ここで「続く」ですってぇー!4月から再開とはいえ、良いところで切りすぎですよ。ギルガメッシュさんが悪魔過ぎて楽しい。キャンサーコンビは実に神々しい(悪い意味で)ですよね。セイバーさんはマジいじられキャラで可哀想ですが、まあ、仕方ないかな。後半の怒涛の展開を楽しみにとっておくことにします。
バクマン、連載終わってからまた頑張るという展開に。主人公たちは大学生になり、昔の知人に再会したりと、人間ドラマ的なものも混ぜてきましたね。
ピングドラム、実にすっきりとした最終回でした。言いたいことは色々ありますが、今は余韻に浸りたい気分です。色々な解釈があって良い作品だと思っています。私が主に受け取ったメッセージとしては、「愛と呼ばれるものは色々あるけれども、真実の愛、その人自身の運命を変える力を持つ愛とは、自身の生命を投げ打ってでも隣人に手を差し伸べる行為である」といったところでしょうか。
ちはやふる、東京大会優勝、実に盛り上がった熱血展開でした。ここからは全国大会、アラタさんとの再会になるんでしょうか。楽しみが続きますね。
フォーゼ、12使徒の秘密が徐々にベールを脱いできていますね。そして新しいライダーも登場、と。展開が手堅く、しかも先が楽しみです。
ペルソナ、リセチーさんの女子力たっけぇっすね。それにしても事件は解決、ということになったみたいなんですが、ここからはどうなるんでしょう…。
ラストエグザイル、とうとう国の再興のためのスタートラインに…と思ったらお姉さまが登場してひっくり返して行きましたよ。政治とかの掘り下げが甘いので、上っ面の政治劇だけで事が進んでいますが、まあ、活劇はしっかりしているので良いでしょう。
ベントー、嗚呼終わってしまいました。とても楽しい作品でした。オルトロス恐るべし。バカ設定の割にはそれぞれのオオカミのキャラが立っていて良かったです。突き抜けてましたね。
未来日記、ユノっちのスペック高すぎで、どうやっても倒せないんですけど。
世界一初恋、いやー、いちおう一件落着なのかな。しかし、オノデラさんは実にめんどくさい男っすね。
イカ娘、安心のオチなしでした。次回作にも期待して良いんでしょうかね。
ギルティクラウン、おや、なんだか強そうな新キャラが出てきましたよ。ここから主人公の巻き返しになるんでしょうか。
ホライゾン、しかし上滑り感がハンパないっすね。こういう弱い集団が強い敵に立ち向かう的な筋立てだと、局面限定のための条件づくりがメインテーマになるんですが、そこらへんを言葉遊びとご都合主義的な世界設定だけで描いているので人物の行動に必然性が感じられず、どれもこれも児戯に見えてしまいます。まあ、いいけど。
僕は友達が少ない、いやはや、これほどタイトル詐欺な作品も珍しいですよね。主人公、美少女に囲まれまくってリア充過ぎっすよ。爆発しろ。
ガンダムAGE、こちらはシナリオ破綻まっしぐらのガンダムさんです。もう、時空の感覚がおかしくて泣ける。作画もおかしいけどそこはキャラデザの問題と割り切ってみる。俺たちは強いられてるんだよたぶん。


さて、1月からはまた新番組が始まりますね。楽しみです。