雨谷の日和

過去16年で2,100を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2007年04月期終了時感想

7月の新番組の感想を書く前に、4月期のまとめでも。

[2007年04月期](終了時)
01.→ 天元突破グレンラガン
02.→ のだめ カンタービレ
03.→ ロミオ × ジュリエット
04.→ おおきく振りかぶって
05.→ Yes!プリキュア5
06.→ 獣拳戦隊ゲキレンジャー
07.→ らき☆すた
08.→ DARKER THAN BLACK 黒の契約者
09.→ 英國戀物語エマ 第二幕
10.→ DEATH NOTE
11.↑ ヒロイック・エイジ
12.↑ 彩雲国物語
13.↓ ぼくらの
14.↓ アイドルマスター XENOGLOSSIA
15.→ BLUE DRAGON
16.→ 地球へ…
17.→ 結界師



やっぱりグレンラガンは面白いですね。中盤であるにも関わらずの大盛り上がり、テーマ性(といっていいのか分かりませんが)も素晴らしい。主人公が最後まで諦めずに穴を掘り続けるシーン、お姫様が正論を張るシーン、どれも良い場面であります。
のだめ、原作の雰囲気もそのままに、日本からの旅立ちで終了。多分、第二シリーズをやることになるんでしょうね。楽しみです。
ロメジュリ、オリジナルな部分にも原作同様な、二人の青臭さが匂いますが、だがそれがいい。このあとどうなるんだろ。
おお振り、いやー、これ面白いですね。原作が良い、アニメ陣もその良さを分かってしっかり作り込んでいる、見事です。
プリキュアゲキレンジャーは定番番組として生活に組み込まれているというか。
らきすた、日常ありふれたほんわかな中のちょっとした小ネタにときどき笑ってます。
DTB、何がやりたいのかは良く分かりませんが、アニメとしての質はかなりのものですね。見応えがあります。
エマ、第二シリーズも質高く。ただ、やはり主人公格の二人の無思慮さが鼻にはつきます。
デスノート、原作の良さを活かしつつ、アニメ的にもテンポ良く仕上がっていた良作かと。
ヒロイック・エイジ、大げさな舞台に大げさなストーリーですが、見ていてなかなか考えさせられるものもある、という感じ。
彩雲、いやはや、それなりの政治劇が楽しめています。
ぼくらの、作画がイマイチなのがちょっと。雰囲気は悪くないですが。
アイドルマスター、特に売りの少ないアニメですが、ノリが良いので。
ブルードラゴン、こちらもノリを見ています。
テラへ、昔見たお話の結末が気になって…。
結界師、そろそろ切ろうかと。