雨谷の日和

過去16年で2,100を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2020年01月期中間時感想

世間ではCOVID-19、通称コロナウイルスが日本でも流行し始めたというjことで学校を臨時休業したりテレワーク推奨になったりでバタバタしておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

そういえばアニメでは異種族レビュワーズが地上波では打ち切りになったりと異例なことがあったりもしています。

それはともかく、アニメの感想です。

[2020年01月期](中間時)

01.→ ちはやふる 第3期
02.→ ハイキュー!! TO THE TOP(第4期) 第1クール
03.→ 映像研には手を出すな!
04.→ 僕のヒーローアカデミア 第4期
05.↑ ID:INVADED イド:インヴェイデッド
06.↓ 推しが武道館いってくれたら死ぬ
07.→ ランウェイで笑って
08.↑ ドロヘドロ
09.↑ ケンガンアシュラ
10.↓ 痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。
11.↓ ブラッククローバー
12.↓ 虚構推理
13.↓ 空挺ドラゴンズ
14.→ ソマリと森の神様
15.↓ 歌舞伎町シャーロック
16.→ とある科学の超電磁砲T (第3期)
17.↑ 七つの大罪 神々の逆鱗
18.↑ へやキャン△
19.↑ Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線 バビロニア-
20.→ マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝
21.↑ 異世界かるてっと 第2期

ちはやふる3 ハイキュー!! TO THE TOP 【Amazon.co.jp限定】映像研には手を出すな! COMPLETE BOX (初回生産限定版/2枚組) (音声特典CD付) [Blu-ray]

ちはやふる、クイーン戦、名人戦、共に熱戦でした! どちらも圧倒的に強い防衛側、それに挑むベテラン勢という構図ですが、それぞれの物語は別な筋立てで進みつつ、しかしいずれもが楽しいカルタを堪能できたという心情に至るという。氷のクイーン、名人らしくない名人、そしてそれぞれの挑戦者、濃ゆいメンツの濃ゆい戦いでした。さて、ここからは主人公たちのお話に中心が移るのでしょうか。楽しみです。

ハイキュー、合同合宿で何かを掴んだ面々が帰ってきた。そして練習試合は鉄壁の伊達高。熱い展開ですね。互いに得たものをぶつけ合い、新しい課題に挑みながらの試行錯誤はもどかしいながらもワクワク感がありますね。さらに最初は想定していなかった新しいヒント、そういったものが出てくる期待感、この先の春高への展開が楽しみです。

映像研には手を出すな、文化祭でのアニメ上映、ロボ研や美術部、音響部を巻き込んでの企画進行が圧巻でした。金森さんマジ有能すぎて拝みたくなる。現場力があればこそな場面も多いですが、地味に先手先手を打ち、職人たちの予想外の暴走も適度に制御しながら納期に間に合わせていく。ほんと、この苦労が報われて良かったです。水崎氏は親子関係がこじれるのかと思いきや、なんと親もクリエイター馬鹿だったという展開。職人は職人の技を知る、そんなちょっとマニアックな家族模様も良いですね。続きも気になります。

僕のヒーローアカデミア ID:INVADED イド:インヴェイデッド 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」DVD1

僕のヒーローアカデミア、学祭、みんなに担ぎ上げられて根性キメるジロウさんマジカッケェ。それにしてもバクゴウさんはツンデレこじらせるにもほどがある。さてさて今度の敵役はジェントル、ジェントル・クリミナル。YouTuberという設定のおしゃれなヴィランですが、いやはやノリノリで楽しいんですけど。今までの敵の中で屈指の良キャラなんじゃないですか!? ジェントルっ好きっ!

イド:INVADED、簡単な世界観の紹介から、別の探偵もありうるというバリエーションの提示、探偵というものの素質の話を終えて今度は深層心理内にダイブのための装置が出てきて、さらに潜っていく……世界観の構築と、そこへの誘導が実に巧みで自然と引き込まれます。これ、シナリオ相当練ってありますね。主人公も通り一遍の主人公ではなく、その周辺のキャラも立っている、むしろ群像劇的な描き方といい、お話が重厚です。続きが気になりすぎる。

推しが武道館、ああ、このお話は表面的にはアイドルオタの生態を女子主人公に置き換えてコメディにしました的な感じなのですが、いやもちろんそのネタ的な構成だけでも面白いし、オタクの生態もよく描写されていて心情の在りようまでちゃんと説明していて好感でもあるんですが、でも本当のこのお話の尊さというか描かれているコアは百合なのではないかと思うわけですよ思うわけですよ? 尊い。推せる。

ランウェイで笑って ドロヘドロ Blu-ray BOX 上巻 初回生産限定版 【Amazon.co.jp限定】ケンガンアシュラ1[Blu-ray](全巻購入特典:「描き下ろし全巻収納BOX」引換デジタルシリアルコード付)

ランウェイで笑って、モデルの方のお話し、かなりエグいというか門前払いハンパない感じでここからどうすんだよな感じですが、不屈の精神な千雪さんならなんとかしてくれる感があって良いですね。そんな千雪さんも弱音を吐くこともある。一方の育人っちのデザイナー道は順調なようなお金がないようなでうまくいかないような順調なようなでもやもやします。もう心ちゃんでゴールしても良いよね。続きが気になります。

ドロヘドロ、殺伐としたホールに今日も血の雨が降る。いやー、ノリノリで残虐シーン連発するので見るのすっごい疲れるんですが、ノリノリで進む何も考えてなさそうなお話は大好きですね。キャラも魔法使いサイドの素顔っぽい感じがちらほら出てくるとなんだかほのぼのとしてしまうというか。ホールサイドの先生もいいキャラしてますけどね。魔法使いの面々の癖の強さはまあ、ちょっとぶっ飛んでる。

ケンガンアシュラ、絶命トーナメント開幕、前哨戦はバトルロワイヤルでの選抜、そのあとは代表をかけた私闘。いろいろな局面でバトル仕込んできますね。そして始まりました本戦、こちらは王道的なコロシアムな舞台での戦いで。主人公以外の闘士の戦いもガッちんガッちんで良いですね。あと、噛ませ側の設定もなかなか凝ってて面白い。

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 ブラッククローバー 虚構推理

痛いのは嫌なので防御力、メイプルさん、何かあるごとにちょっと変わっために遭って、そこで何かちょっとバランスクラッシャーなスキルを手に入れてしまうというこの展開の連続で笑いどころしかない。防御特化といいつつ、絶大な攻撃力を手に入れちゃってるじゃないですかーやだー。大盾さんの風上には絶対おけないメイプルさん。ギルドの仲間たちもいろいろで、楽しいVRMMOライフを満喫中ですね。見ていて楽しい。

ブラッククローバー、エルフ転生編、決着! いやー、最後の悪魔さん強かったですね。悪魔さんってあんなのばっかりなんでしょうか。それとも、あの悪魔はちょっと強い系な感じなんでしょうか。この先、別の悪魔さんたちも多分登場してくるんだと思いますが、激戦続きになっちゃったりとか? さてそれはともかく、国王の所属する王家は法律担当なのかな? 天秤もったイケメンさんがかっこいいんですがそれは。あ、魔法帝復活おめでとう! おっさんがショタ化しとるがな…。

虚構推理、鋼人さんのお話しをかなり引っ張りますね。なかなか解決しないというか、どんどん悪化しているというか。2話完結で各エピソード進めるというよりは、原作を丁寧にアニメ化している感じなのでしょうか。それとも、鋼人エピソードはこの作品でも重要だったりする? 妖怪の引き起こす事件について、なんらかの虚構を用いて人間社会とにお折り合いをつけつつ落とし所に持っていく、そういう面白さがありますね。

空挺ドラゴンズ、大きな町に立ち寄ったら他のオロチ獲りがとってきた竜が暴れ始めたよ、さあ大変! とか、空賊とか色々と世界観だけでも楽しい冒険感ある作品ですね。キャラの飄々とした感じがして、心地よいです。それにしても毎回毎回竜の料理が美味しそうでお腹空いてくるのですがどういうことですか。

ソマリと森の神様 歌舞伎町シャーロック とある科学の超電磁砲T

ソマリと森の神様、この世界での人間というものの在りようが徐々に描かれてきていて、胸をしめつけますね。人間サイドからの描き方、異形サイドからの描き方、それぞれの恐怖と不信感が胸をえぐります。しかしそんな中でソマリちゃんは様々な出会いに友達にと例え人間であっても分かり合えるということを知るわけですが、さて結末やいかに。ゴーレムさんの終末はどんどん迫ってくるという…。しあわせであってほしい。

歌舞伎町シャーロック、おっとモリアーティさん出獄後、いきなりの大ネタで急展開ですね。選挙戦に絡めた爆破騒動とか、そこで明らかになるモリアーティさんの真意とか。殺伐としてきましたが、ここからの救いはあるのか。もしくは原案の作品に準じてホームズはモリアーティとともに消えるのか。気になります。

とある科学の超電磁砲、お祭りの裏で暗躍する暗部、美琴さんのあれこれに周いの友人が巻き込まれていくのは辛いですね。でもまあ、大人しくやられたままにならないところがトキワ学園の生徒たちというか、なかなかの立ち回りっぷりで相手を撃退するというのは王道的でもあり楽しいですね。さてそろそろ食蜂さんの出番とかエピソードとか拝見したいですね。

七つの大罪メリオダスさんが十戒サイドに寝返ったー! その頃エリザベスさんは復活した女神族と同盟を組むのであった。敵味方入り乱れる混戦模様ですね。ヴァンさんだけ一人魔界にいっちゃいましたが。さてさてどうなるのか。ところでエリザベスさんは三日間で死んじゃう呪いとかになっているわけですが、物語的にはまだ1日目の夜とかそういうことなんですかね。時間すぎるのおっせー!

へやキャン△ Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

へやキャン、のんびりまったりお外で楽しく、なお話したちで和みます。

Fate/Grand Order、ティアマトさんをやっつけるには冥界送りにしないといけないよ! さてさて、ウルクが滅ぶことは宿命ということだったようですが、それでも国は残り人類が続いていくという選択をウルクの民は覚悟完了というサムライストーリーでした。ここからは大立ち回りの超絶戦闘ですかね! 期待!

マギアレコード、マミさんとか杏子さんとか出てくるとテンション上がりますね。でもまあ、まだふたりは出会う前のお話ということで、接点なさそうではありますが。杏子さんとかほんと流れの魔法少女っぽくてちょい役感満載だし。この時系列だとまどかさんやほむほむ、さやかさんはまだ魔法少女になる前ですよね。マギウスの翼とかいう魔法少女たちの同盟っぽい集団も出てきたりで、魔法少女同士の戦いとかも多くなるのかな。

異世界かるてっと、まあ、これはほのぼのコメディで相変わらず楽しいですね。

こんな感じでしょうか。