雨谷の日和

過去16年で2,200を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2020年10月期中間時感想

だいぶ寒くなってきましたね。晩秋というよりも冬!って感じになってまいりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

それはともかく、アニメの感想です。

[2020年10月期](中間時)

01.→ ハイキュー!
02.→ 呪術廻戦
03.→ ゴールデンカムイ 第三期
04.↑ 魔王城でおやすみ
05.→ 体操ザムライ
06.→ 無能なナナ
07.↑ 第501統合戦闘航空団 ストライクウィッチーズROAD to BERLIN
08.→ GREAT PRETENDER
09.↑ トニカクカワイイ
10.↑ ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
11.↑ One Room サードシーズン
12.↑ くま クマ 熊 ベアー
13.↓ 炎炎ノ消防隊 弐ノ章
14.↑ おちこぼれフルーツタルト
15.↓ 神様になった日
16.↓ ブラッククローバー
17.↓ 魔女の旅々
18.↓ アクダマドライブ
19.↓ 戦翼のシグルドリーヴァ
20.↓ いわかける!- Sport Climbing Girls -
21.↓ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII

ハイキュー!! TO THE TOP 呪術廻戦 ゴールデンカムイ第二期

ハイキュー、稲荷崎戦も最終セット、第二セットは稲荷崎側の良さが出て大きな差がついての敗北。そして最終セットは最初リードして進行していたところから、相手のチャレンジ精神に圧倒されての逆転。いやぁ見ていてはらはらするしいかにもありそうな光景だしサーブのシーン一本見守るだけでもどきどきするんですけどこんなに試合の展開に入れ込んじゃうアニメってなかなかないですよね。そして主人公の笑顔の素晴らしさ。第二期が始まった当初の主人公のどん底、それがとうとう実を結び周囲を奮い立たせるそのパワーのありがたさが身に染みる…がんばれ!烏野!

呪術廻戦、主人公死んじゃったよー!?からの復活はまあお約束としても、そのあとの展開がよく練られていて面白いですね。センセイの実力半端ないくらいに強くてさらに美形!だとっ!?惚れてしまう…。それにしても主人公が飲み込んでしまった指、持ち主が妖怪たちの強さの指標になっているのが地味にジワる。「まあしょせん指1本だけじゃあんなものでしょ」「わしは指何本分くらいの強さかのぅ…?」「8、9本ってところですかね…」って会話が普通に成立しちゃうの、笑いしかない。

ゴールデンカムイ樺太編面白い…いや、北海道からずっと面白かったけど…スナイパー同士の心理戦とか、ロシアの反政府勢力の美人リーダーがいまはガチムチ筋肉だるまおばさんとか、各メンバの過去話とかどいつもこいつも性格歪んでて…楽しい…。そんな中でアシリパさんの自然な表情と笑みだけは純真で救われます。幸せになってほしいものじゃのう。土方さんと殺し屋の因縁の対決とか渋くてむっちゃかっこよかった。なにこの超エンターテイメント作品…大好きなんですけどっ!

魔王城でおやすみ 体操ザムライ 無能なナナ

魔王城でおやすみ、ノンレム睡眠レム睡眠…嗚呼、あのフレーズが始終頭を離れない…耳につく主題歌だ。姫、モンスター相手だと横暴極まりないですよね。でもなぜかモンスターたちから微妙に慕われているような。困ったちゃんだという認識のされ方をしながらも大事にされているというか。姫ってリアリストで実利優先で周囲の迷惑あんまり考えない感じですが、そこがイイのか!?マゾなのかモンスターたち。微妙に魔王様と姫の恋愛が成立しそうで成立しないところもいい。

体操ザムライ、主人公のこのあっけらかんとした無神経ぶりがだんだんと心地よくなってきた…最初は単なる鈍感なわがまま系主人公かと思ったのですが、そうじゃなくて、自分の気持ちにまっすぐ向き合って、その結果に対してまっすぐに進もうとする朗らかさがある。これはいい。そして娘のレイちゃんがいい。オープニングで謎のレオタード姿で虚無な表情で手拍子しているところとか最高にかわいい。さっき見た最新話、友達のキティちゃんとの衣装チェンジシーン、かわいすぎて見入ってました…やばい。かわいい。

無能なナナ、ナナさん、手慣れた技と大胆な切り抜け方で次々と島の面々を処理していくのですが、それ以上に次々と突拍子もない能力でピンチになるの、まじビビる。先の展開読めなくて震える。そんなのどうしようもないやんけ…とか思うんだけど、そこを何とかしてしまうナナちゃん、運も味方しているとはいえ、そこは素直に「ラッキー☆」と受け取っておけばいいわけで。しかしここからさらにピンチが続くんでしょうね…どうなるんだろう。気になる。

ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 【Amazon.co.jp限定】「GREAT PRETENDER」CASE 4 ウィザード・オブ・ファー・イースト【前篇】(連動購入特典:「CASE 4【前編】【後篇】収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray] トニカクカワイイ/TONIKAWA:OVER THE MOON FOR YOU

ストライクウィッチーズ、いやー、やっぱりストパン最高ですね。バルクホルンさんの大活躍回は正直魂が震えるのを感じました。鬼気迫る戦いぶり、敵の戦闘スタイルの迫力、どれもこれも最の高でしたね。ほかにもサーニャ回はいちいち尊いし、リーネちゃん回はおっぱい100%でもうどうしていいかわからなくなったし。このアニメ、ほんとあたまおかしくて大好きです。キャラも愛着あるし、楽しい。ベルリン侵攻作戦、このあとどうなるのか。

GREAT PRETENDER、ここにきてなんと昔話が始まりました。東洋の魔術師。お父さん、まじでかっこいいんじゃないですか?長年にわたる計画、その一環としてのいままでの動きだったとかそういう話なんでしょうか。それとも主人公を引き入れたのは金髪クソ野郎の独断で、お父さんは知らなかったとか?まあそこらへんもおいおい明らかにしてくれることでしょう。この作品、シナリオがしっかりしているので見ていて安心感があります。さて、そろそろ最終版、結末やいかに!?

トニカクカワイイ、とにかくかわいい。もうそれだけで30分ずっとにやにやできる。なかなか稀有な作品。結婚あるあるもネタとして織り交ぜてくる。いちいちにやにやさせてくれる。主人公のNASAくんはマジ超天才、お嫁さんのつかささんはぶっちゃけキミかぐや姫だよねな1000年美女。もうその設定だけでにやにやできる。そんな幻想的なお二人が慎ましやかな日常生活送って互いにテレッテレで新婚生活をしている、それだけでにやにやしてしまう。にやにや。

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 One Room サードシーズン くまクマ熊ベアー

ラブライブラブライブサンシャインは初代のラブライブの幻影をたどるようなストーリーでしたが、虹ヶ咲はまったくそういったしがらみを吹っ切って、新しいラブライブシリーズのあり方を突き進んでいるような気がします。お話としては9人のメンバのエピソードを入部経緯含めて担当回で消化していくスタイルで変わらないのですが、いままでのラブライブラブライブを目指してそれに向けて頑張っていくんだ、その結果として廃校を免れるんだという方向性だったのが、虹ヶ咲は最初にもう同好会は解散しててラブライブも目指してなくてというスタートラインから、一人一人のアイドルとしての形をつかんでいくというパーソナリティなスタイルというか。楽しいです。

One Room、おおぅ!?過去作のヒロインのゲスト回があったりした。懐かしすぎる嬉しすぎる。この子たちもかわいいなぁ…はぁ。かわいすぎてつらい。そしてサードシーズン2人目のヒロインは…OLさん!?主人公は大学受験浪人のようですが、こんなかわいいOLお姉さんが近くにいたら受験どころじゃないよね。目移りして困るシーンの連続で困る!私が!

くま クマ 熊、とても主人公が強い。そしてお金儲けもばっちり、権力への取り入り方もばっちり。順風満帆、なんでもこいな状態に。魔王とかそういう世界の危機とかもなさそうだし、このまま順調に行くとそのうちクマが世界の王になっちゃうんじゃないかとかそっちの方が心配になる。けども、主人公はどちらかというと幼女にしか興味がないというか、幼女とあははうふふしているだけで幸せ、幼女の笑顔を汚す奴には容赦しないというちょっとアレな人なのでまあ、その、世界は平和ですね。

炎炎ノ消防隊 弐ノ章 おちこぼれフルーツタルト 神様になった日

炎炎ノ消防隊、白装束の悪だくみが気になるからネザーに潜入したら返り討ちにあって消防隊員がいっぱい死んじゃったぜー!ひゃっはー!…うーん、このお話、物語展開がかなり雑なんだけどさらに雑さに磨きがかかってきている気がしなくはない。どっちかというとアーサーみたいなおバカキャラが輝く。原作がちょっと頭悪い系のノリなんでしょうかね。戦闘シーンの迫力火力は相変わらずで見ごたえあります。

おちこぼれフルーツタルト、ちょっとですね、このフルーツタルトとその周辺の面々ですね、百合が百合百合していてありがとうごさいます。三角関係とかもあったりでありがとうございます。おっぱい、ありがとうございます。姉妹ツンデレ、ありがとうございます。おなか一杯になるまでキャラとキャラの関係性で萌え萌えできています。ありがとうございます。もう感謝で心がいっぱいです。そのまま走り抜けてください。フルーツタルトばんざい!

神様になった日、この神を名乗るひなちゃんには重大な秘密があるんでしょうねはっはっはな展開、ここまでは読めているんですがそのあとがちょっと怖い。見るのが怖い。なにかひなちゃんにつらいことが起きるに違いなくてつらい。世界が終わるとかそんなことはどうでもいいから、このひなちゃんの幸せを祈りたい。世界が終わるとしても、ひなちゃんの人生が幸せであったならなんの憂いもない。どうか素敵な結末を…!

ブラッククローバー 魔女の旅々 アクダマドライブ 第3巻(初回限定版) [Blu-ray]

ブラッククローバー、ハート王国での訓練が始まるかとおもいきや唐突な団長バトル回。戦闘の迫力スゲー!

魔女の旅々、主人公、賢そうでいてちょっと間が抜けているところが愛されるキャラとしての立ち位置なのでしょうか。ちょっとお人よしですよね。出てくるゲストキャラがちょっとおかしなことになってたりすることの方が多いので、主人公の味付けは薄目にしているというか、淡々としているというか、そういうバランスなのでしょうか。そういえば序盤に出てきた魔女見習のキャラ、炭の魔女として再登場とか、笑いしかない。

アクダマドライブ、なかなか七転八倒のストーリー展開、悪玉仲間もだんだんとちりぢりになっていく撤退戦ストーリーはぐっと来るものがありますね。そしてここからは狙いを定めての逆襲劇でしょうか。頼もしかった仲間たちはもういない、それでも助けるんだお兄ちゃんを、この娘のために!な主人公ですが、とうとう本当に悪玉になっちゃったよ…結末が気になります!

戦翼のシグルドリーヴァ いわかける!- Sport Climbing Girls - ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ

戦翼のシグルドリーヴァ、俺たちは美少女いっぱい夢いっぱいな無双ストーリーを見ていたのかと思っていたら、いつのまにか漢尻弾けるぱぱんがぱんな地獄の敗戦物語になっていた。何を言っているかわかんねーと思うが、俺も何を言っているのかよくわからねぇ…。アスガルドだのヴァルハラだのトールだの意味深なことばかり言いやがって、わけがわからないよ!?幸せな結末を祈りたい。

いわかける、頑張って優勝目指していたかと思ったら、まさかの手痛い大敗北で部活メンバはぼろぼろだよ。でも頑張る、次の大会を目指して!頑張れ。

ダンジョンに出会いを求める、知恵あるモンスターを助けたいから人類への裏切り行為をつみかさねるよ!頑張れ。

こんな感じでしょうか。