雨谷の日和

過去17年で2,400を超えるアニメの第1話だけは見続けた僕のお勧めアニメがハズレなはずがない

2021年07月期終了時感想

ワクチン接種もだいぶ進んできて、コロナの第五波も下火になりつつある今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

このまま平穏な日常に向かって状況が好転してくれるといいのですが…さてそれはともかく、アニメの感想です。

[2021年07月期](終了時)

01.→ キングダム 第3シリーズ
02.→ かげきしょうじょ!!
03.→ 平穏世代の韋駄天達
04.→ ラブライブ!スーパースター!!
05.→ 僕のヒーローアカデミア 第5期
06.→ 迷宮ブラックカンパニー
07.→ 小林さんちのメイドラゴンS (第2期)
08.↑ 転生したらスライムだった件 第2期 第2部
09.↓ 精霊幻想記
10.→ 月が導く異世界道中
11.→ ぼくたちのリメイク
12.→ 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X (第2期)
13.→ 現実主義勇者の王国再建記
14.→ 死神坊ちゃんと黒メイド
15.→ 白い砂のアクアトープ
16.→ カノジョも彼女

キングダム 第3シリーズ かげきしょうじょ!! 平穏世代の韋駄天達

キングダム、大王様の力がいかんなく発揮され、敵を迎え撃つ死力を尽くした防衛戦でした。圧倒的に不利な状況下でベストを尽くす、そんな中でも失敗やトラブルは起きるけど互いにカバーしあって乗り切る、そんな風景が見応えありますね。しかしとうとう敵を防ぎきれずに陥落する…と思いきやの展開で、まったく最後まで目が離せない素晴らしいお話でした。ありがとうございます。

かげきしょうじょ、いやはや、とても見応えのある作品でした。過去のアレコレを乗り越えて自分の演技をつかみ取る過程とか、胸にくるものがありますね。ヒロインの愛さん、当初のツンツンぶりが信じられないくらいのデレっぷり、そして世間慣れしていない天然的な反応でかわいいったらない。メインどころの7名がオーディション結果を独占するのかと思いきや、役をゲットするのはわずかというのも思い切った展開ですね。まあ、そういえば乳母役は誰も応募してないな。続編が見たいのですが、どうなんだろう。

平穏世代の韋駄天達、魔族を全滅させる戦いのなかで新しい韋駄天が生まれたりとか、戦いを察知して事前に逃げる魔族とか、そのあと潜伏して子どもができて…というところからのバリエーションとか、なんとも面白い作品です。いろいろとグロかったりエロかったり恋心だったり不道徳だったりシニカルだったりでしたが、魅力的なお話で楽しかったです。

ラブライブ!スーパースター!! 僕のヒーローアカデミア 第5期 迷宮ブラックカンパニー

ラブライブ、いやはや、このシリーズ、廃校ネタをいれないといけない縛りでもあるのでしょうかね。廃校縛りがなかったの、虹ヶ咲くらいなんじゃ。虹ヶ咲はなんでも外伝扱いという噂もあったりだし、本編系は廃校ありきの企画なのかな…。ともかくそんなこんなで生徒会長も無事メンバーになって、ここからその先を目指す展開になるんでしょうか。楽しみです。

僕のヒーローアカデミア、終盤はヴィランサイドのお話でしたね。シガラキさんの生い立ちとか、オールフォーワンさんに拾われた経緯とか、その行動原理とか。悪役が力を手に入れるまでの経緯を細やかに描くのってあまり他では見ないかも。ヴィラン連合の面々も命がけで抗う姿がかっこいいというか。そして今期はここまでで、次は全面対決ということのようです。いよいよクライマックスなのかも?!楽しみです。

迷宮ブラックカンパニー、ニノミヤさんが徹頭徹尾のクズっぷりで楽しい作品でした。しかし口は悪いけれども、前向きな精神や現実主義的な考え方、あきらめない心とか、なにかお手本にしたくなる要素もたくさんあって憎めないキャラでした。ニノミヤさんのイメージ強すぎて周囲のサブキャラがことごとく突っ込み役としてちょっとかすんじゃうのは…まあ、仕方ないか。

小林さんちのメイドラゴンS 転生したらスライムだった件 第2期 精霊幻想記

小林さんちのメイドラゴン、どらごんずの魅力の詰まった第二期でしたね。そしてなにげに小林さんがちょいちょいかわいいのが見どころでもあるというか。社畜で男前な小林さんですが、ふとした瞬間にやっぱり女の子なんだなぁという仕草や表情がのぞくところ、京アニならではの細やかさなのかもしれません。カンナさんの圧倒的幼女感は至宝。また続編作ってくれないかな。

転生したらスライム、とうとうリムルさんが魔王の一員として正式承認されました。いやー、2クール目の会議会議会議な感じはちょっと独特ですね。原作がまあそうなんだと思うんですが、ほぼ半分以上は会議。仲間内での状況整理と作戦立案で会議でしょ。それから魔王たちが集まってからも会議。集まる前もそれぞれの魔王陣営で会議。悪役のクレイマンさんサイドの会議もしっかりやってて、会議がないと「どうしちゃったの?会議成分不足してない?!」とか逆に物足りなくなるという。不思議なクールでした。次は劇場版とのことで。

精霊幻想記、安定した異世界冒険モノでしたね。主人公強くなりすぎ問題というか、そのわりには苦戦したりするのなかなか謎でもありますが、まあ、いいでしょう。最後は幼馴染がこっちに転移されてるようなシーンで終わりましたが、続編あるんでしょうかね…。

月が導く異世界道中 ぼくたちのリメイク 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X

月が導く異世界道中、水戸黄門的展開がなくなって従者無双から商業ネタにシフトしたと思ったら唐突なシリアス展開で主人公にピンチとか、なかなか振り幅の広い作品でした。なんだろう。ダイジェストなのかな。第二期の制作決まったみたいなので、そこのところの補足とかもあったりするんでしょうか。まったり楽しい作品ではあったので、続きは素直に楽しみです。

ぼくたちのリメイク、いろいろとシナリオ的に首を傾げる部分も多かったですが、ゲーム制作とかの小ネタは楽しかったのと、ヒロインがことごとくカワイイので良かったです。未来から持ち帰るのが熱量だ、という部分とかは熱血感あっていいですね。続編作れそうな終わり方ですが、どうなんでしょう。

乙女ゲームの破滅フラグ、第二期は破滅フラグなネタからはちょっと離れて、主人公の逆ハーレムな小ネタを連ねた感じでしたね。サブキャラ達の掘り下げがメインというか。闇の魔力さん活躍し過ぎという気もしないではないですが。そしてやってくる魔法省編、元世界でゲームの続編ができていたという流れからの破滅フラグ復活というのはなかなかイイですね。そして劇場版…続編なのか、オリジナルエピソードなのか。気になります。

現実主義勇者の王国再建記 1 (オーバーラップ文庫) 死神坊ちゃんと黒メイド 白い砂のアクアトープ

現実主義勇者の王国再建記、戦でも策略が冴える主人公さんでした。そしてハーレムへ…。陸路に船を持ってくるとかは、故事のオマージュでしょうかね。続編あるみたいなので、続きが楽しみです。

死神坊ちゃんと黒メイド、黒メイドさんカワイイはもちろん、妹ちゃんカワイイから魔女っ娘もカワイイというかわいさにあふれた作品でした。主人公の呪い設定、けっこう面倒なのでじゃまっけですね。黒メイドさんといちゃいちゃしている絵面だけでもういいのでは。幸せになってほしい。続編あるみたいなので、楽しみです。

白い砂のアクアトープ、がまがま水族館は閉館になってしまいました。そして新しい水族館への就職を決意する主人公。そういえばこのお話は2クールなのかな?この続きは新しい水族館で紡がれるとかそういう趣向でしょうか。続きが楽しみです。

カノジョも彼女、なんと紫っ子も主人公のことが好きだった。ちょろいんばっかりあふぉばっかりのびっくりストーリーだぜ…。楽しかったです。

カノジョも彼女

さて、新番組も確認しないとだ!